2018/06/22

とれいん誌2018年7月号 砂焼き小屋と芦屋変電所

Some topics relating to sanding facilitie and substation in the July 2018 issue of Train magazine

 近着の"とれいん"誌2018年7月号は興味深い記事が多い。巻頭のJR東日本189系は元信越線あさま用ということで愛着のある電車だし、表紙となった美唄鉄道の石炭積込設備は醸し出す物語性が豊か。

 さらにエイジング・ストラクチャーの連載に登場した「砂焼き小屋と給砂塔」は、よくぞここまで再現と感動。ただし名称の「砂焼き」はいただけない。【画像はクリックで拡大】

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018/06/15

PFM社ドン・ドリュー回顧録を読んで(3)

I tried to visualize the rise and fall of U.S. importers and Japanese & Korean manufacturers in brass model business. And look back on the historical flow of the second-hand market from the 1970's to the 2000's

 PFMをはじめとするブラス・ビジネスのことをずっと考えている。日韓米の盛衰を数字で表せないかと思い立って、グラフを作ってみた。【画像はクリックで拡大】

Brass_brands4

» 続きを読む

| | コメント (2)

2018/06/12

UPのインパクトカーは積付試験車

The track cleaning cars sold by Bachmann are imitating the UP's impact car UP 195220, for loading test. A similar car was the Japan National Railway's Ya-90. Also, John Allen's impact test cars are interesting.

01gDSC00312.jpg

 昨年、バックマン製の変わったアイテムを見つけた。軌道クリーニングカーといい、床下にレールを擦るパッドを備えている。上回りに見覚えがあった。積み荷の荷崩れ状態を車外から観察する試験車である。側面の鋼板の代わりに透明板と金網を張っていて、車内が丸見えとなっている。【画像はクリックで拡大】

» 続きを読む

| | コメント (1)

2018/06/10

PFM社ドン・ドリュー回顧録を読んで(2)

Thinking of the Mr. Don Drew's memoir with Pacific Fast Mail, a brass railroad model importer, part 2


PFM/Fujiyama AT&SF all-steel riveted caboose, 1966

 webelos氏がブログ"Brass Model Collection of Kevin"に展示されたサンタフェのカブースを拝見して、手持ちの同モデルを引っ張り出してきた。保有する数少ないPFMモデルの一つである。ついでにカプラーを取付けようと床板を外して驚いた。これ、何から何まで総ドロップ造りなのだ。【画像はクリックで拡大】

» 続きを読む

| | コメント (1)

2018/06/06

転換クロスシートの探求(8)

 またまた宮崎繁幹氏からコピーが届いた。購入以来“積読”だったという車両史編さん会2004年刊「国鉄構成客車史第1編 オハ31形の一族 上巻」の数ページ分である(右は下巻を示す)。
 ああ、あの大判で厚い本か。貴重な図面と解説が満載とはいうものの、おいそれと出せる金額ではなかった。すでに絶版ということなので、必要最小限を引用させてもらうことにする。

 この客車系列は1927年-1929年(昭和2-4年)に登場した国鉄最初の鋼製車で魚腹台枠を備えていて重い。アメリカ型でいえばヘビーウエイト客車。17メートル車が2軸で、20メートルが3軸台車を履いた。【画像はクリックで拡大】

オロ31
17m オロ31(オロ30600)「100年の国鉄車両2」p195から引用

» 続きを読む

| | コメント (1)

2018/06/04

転換クロスシートの探求(7)

Search for link-type walkover sheet patents: part 2, Heywood Brothers and Wakefield Co. and etc.

 転クロ探索はもちろん米国のインタアーバンもヒットした。メイン州Seashore Trolley Museumで復元中の車両で、セオドア・ルーズベルト大統領に縁があるらしい。そしてなんと広島電鉄が2002年に台車を寄贈していて、元京阪100、200型のボールドウィンだという(ウィキペディア日本語版)。【画像はクリックで拡大】

Rocker assembly.png

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018/06/02

転換クロスシートの探求(6)

Search for link-type walkover sheet patents: part 1, Hale & Kilburn Co. and etc.

 少々手こずっていたけれど、英国で復元中の蒸気動車に行き着いたときには、これだ! と小躍り。1908年製というグレート・ウエスタン鉄道の蒸気動車のメカニズムが紛れもなく4節回転連鎖なのである。【画像はクリックで拡大】

Walkover_03

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018/05/29

転換クロスシートの探求(5)

The link-type walkover seat introduced in Japan in the 1930s

Tenkuro1.jpg

 おおおっ! これぞ求めていた転クロ!
 またまた宮崎繁幹氏からお便りが届いて、開封したらこの図が出てきた。【画像はクリックで拡大】

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018/05/26

PFM社ドン・ドリュー回顧録を読んで(1)

Thinking of the Mr. Don Drew's memoir with Pacific Fast Mail, a brass railroad model importer, part 1

Brasstrainsv0a

 過去に発売されたブラスの購入手引きで最新かつ最大のものといったら、真っ黒な表紙の"Brass Model Trains Price & Guide"にまず指を折ることはどなたも異論のないところだろう。2008年の第1巻こそ古い日本製がゴッソリと抜け落ちていて使いものにならなかったが、2009年の第2巻は2割以上の大幅増ページで面目を施したものだった。

 実をいうと不評だった第1巻は、"The Brass Train Guide Book"という本のオマケという位置づけだった。本体の方はインポーターやメーカーへのインタビューを並べていて、スタンスが提灯持ちとはいうものの、結構面白かった。
PFM Pacific Fast Mail logo パシフィック・ファースト・メール 唯一、昔の日本製に関係したコンテンツがPFM社だ。これはパシフィック・ファースト・メールPacific Fast Mailの略である。そのドン・ドリューDon Drew氏の回顧録が17頁にわたって掲載された。もちろん英文で、語学力に難のある私には細部の意味というかニュアンスがどうしても理解できなかった。10年を経て全文和訳が「米国型鉄道模型とモダンジャズ」というブログに登場した。

» 続きを読む

| | コメント (1)

2018/05/22

転換クロスシートの探求(4)

Usage situation of walkover seats in the late 1920s in Japan

オロ35.jpg
1934年製スロ30850(オロ35) 2枚とも1974年交友社刊「100年の国鉄車両 2」から引用

 私の父親は平サラリーマンだったから一等車と二等車には無縁。もちろん私もそうで、どちらかといえば嫌悪感が先に立った。1969年に2等級制となってグリーン車と名前が変わったときには一億総中流の時代にふさわしいと考えたものだ。そのグリーン車には生涯で数度、事情があってお世話になった。ご想像どおり、いつも場違いな感じがして居心地が悪かった。
 1989年に“課長”というポストに就いたら、出張の際にグリーン車に乗る旅費が支給されるようになった。もちろん、真に受ける奴は変人で、その分はおおむね小遣いとなった。当方も模型や洋書に化けた。まあ、良い時代だった。【画像はクリックで拡大】

» 続きを読む

| | コメント (1)

2018/05/21

転換クロスシートの探求(3)

Another origin of the walkover seat was only recorded by a British and an Austrian engineers

ARPCp17.jpg
"The American Railroad Passenger Car" by John H. White Jr. 1978 page 17

 宮崎繁幹氏より送られてきた資料は日本のものばかりで、完全に虚を突かれた。
 えっ、我が国の本に転クロの起源に迫る情報があるのか? えっ、英国人が米国の草創期の客車について書いている……。それは想像を遥かに超える記録の数々。【画像はクリックで拡大】

» 続きを読む

| | コメント (1)

2018/05/18

転換クロスシートの探求(2)

The first reversible seats in Japan were probably equipped with on the Kaitakushi passenger car built in 1880. It is now being exhibited at the Railway Museum in Omiya city, Saitama.

 松本哲堂氏に開拓使号の写真データを送っていただいた。我が国最初の転クロ装備車である。鉄道博物館の展示は薄暗く、撮影には苦労されたようだ。拡大してみたら、装飾ライニングの華麗さにビックリ。新製当時のステータスの高さを思い知るとともに、修復の大変さが察せられる。【画像はクリックで拡大】

» 続きを読む

| | コメント (0)

«アメリカの鉄道の失われた1980年代(2)