2017/11/15

カブリツキ阪急千里線の淡路以南

A report on Hankyu Senri-Line for the Shin-Yodogawa-Bridge and the elevated construction around Awaji Station

Dsc02666a

 京阪沿線の我が家から神戸まで行くには、JR、阪急、阪神の3線があって、それらにたどり着くにもいくつかのルートが存在する。運賃の差がそれほど無いので、気分によって選ぶ。11月12日の日曜に阪急千里線経由とした理由は、淡路付近の高架工事を見たかったから。【画像はクリックで拡大】

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017/07/22

京阪びわこ号の連接構造は(2)

The articurated constraction of the Keihan's Biwako trains, part 2: from Nigel Gresley to Biwako

5dad4215 この21日、レイル103号が発売された(オフィシャルHP)。なんと、"びわこ号"特集。全100頁の内、半分の50ページというから驚き。

 グラフページの、天満橋での停車中や、複々線を疾走する姿は、初めて目にする。1935年頃という守口工場での台車単体も凄い。こんな写真はどうやって発掘できたのだろうか。

 いやいや、「登場の謎」を追った中山嘉彦氏の一文こそ目を剥く。なにせ注記と参考文献だけに5ページも費やされているのだから。
 要は、"びわこ号"は鉄道会社の戦略の一環という説と、連接構造は車両課長の米国視察の結果という風聞が夫々正しいのかという疑問を、資料を探し出して検証する思索と証拠の積み重ね。読み物というよりは、学術論文。

 もちろん当方の興味は連接構造。
 英国の蒸機技術者として知られるナイジェル・グレズリーの名前が出てきて仰天。【画像はクリックで拡大】

» 続きを読む

| | コメント (2)

2017/05/01

アサーンRTRの40フィート・ボックスカー(2)

Introducing changes of Athearn Ready-To-Roll boxcar models

11dsc09653

 古いブルーボックスばかりをずっとイジっているのだけれど、このところ発売されるRTR=レディ・ツー・ロールがあちこち異なることに気が付いた。スライドドアの固定など、いくつか違う。で、特価品を注文してみた。【画像はクリックで拡大】

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017/04/18

ライオネルHOの40フィート・ボックスカー

Lionel's HO scale novelty three boxcars, released in the 1970s

51dsc09403

 昨年末のクリスマス商戦で、ポーラーエキスプレスの蒸機と客車を発売したのがライオネル。3線式Oゲージの同社がHOゲージを出したと話題となった。実は過去に3度、参入していて、その都度撤退。
 今回紹介するのはその2回目、1970年代に発売されたモデルで、当方の「ガラクタ・ボックス」の範疇。【画像はクリックで拡大】

» 続きを読む

| | コメント (3)

2017/04/15

アサーンの40'グレイン・ボックスカー

Coupler-cushionizing projects, part 20: Reworking of Athearn 40-foot grain loading boxcars, 1 Roundhouse new model and 4 Blue-Box second-hand models

11dsc08604

 アサーン社は2015年7月にブランドを再編して、"Ready-To-Roll"の一部を"Roundhouse"へ移した。それらはブルーボックスと呼ばれる昔の看板製品だったから、競合していたMDC社のブランドでは違和感を覚えたものだった(高級路線がジェネシスGenesis、普及路線がRTR=Ready-To-Roll、前世紀レベル路線がRoundhouseといったところ。掲示板

 そんなこともあって、新しいラウンドハウスを手にするまでに2年が経過した。それがこの40フィート穀物用ボックスカー。真ん中のプラグドア上部に投入口が2つ付いている。【画像はクリックで拡大】

» 続きを読む

| | コメント (1)

2017/04/11

珠玉のミニ・ハイキューブ・ボックスカー(5)

Coupler-cushionizing projects, part 19: Hydra-Cushion for 40-foot high-cube boxcars, manufactured by Athearn

11dsc08623

 古いMR誌を繰っていたら、ハイドラ・クッションの加工記事を見つけた。垂直シリンダーに意外なものを転用している。こりゃあ面白い。【画像はクリックで拡大】

» 続きを読む

| | コメント (1)

2017/03/23

MDCの40フィート・ボックスカー(4)

Kitbashing a fake model of the Pennsylvania Railroad X29D boxcar, the starting point MDC/Roundhouse 40-foot AAR type

11dsc08025

 手持ちのモデルで、悩みのタネの一つがこれ。ペンシルベニア鉄道のボックスカー。引戸と屋根歩み板が、黒のモールド色のまま。
 実車にこんなんがあったのだろうか? メーカーが本当にこれで売り出したのだろうか? 下回りをまとめて改造した機会に、車体側面の"Don't Stand Me Still!"という文言で検索したら、またしてもBrass-solder氏のサイトをヒットした。【画像はクリックで拡大】

» 続きを読む

| | コメント (1)

2017/03/22

MDCの40フィート・ボックスカー(3)

Reworking MDC-Roundhouse 40' AAR boxcars, follow‐up

10dsc07981

 ラウンドハウスの40フィート・ボックスカーと聞いて、面倒なモデル、という印象が正直なところ。この写真でも、右のアサーン製に比べて腰高で、床板が側面下部から覗いている。おまけに、床下は機器が見えずにスカスカ、屋根歩み板は厚くて歪んでいる。
 かといって、嫌いか、というと、さにあらず。ほかをおいてでも弄りたくなってくる。ステップ加工のアイデアをBrass-solder氏のサイトで拝見して、数両に手を入れてみた。【画像はクリックで拡大】

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017/03/07

JR名松線への興味

10dsc07769a

 先日、我が家に封筒が届いた。中身はディーゼルカーのストラップ。差出人が三重県津市の役場で、家人は怪訝な表情。
 実は昨年秋、ここの三杉という地区に宿をとった。JR東海の名松線(めいしょうせん)の沿線。生憎の雨だったものの、走り写真が2枚撮れた。駅にあった写真コンクールの案内をみて、応募していたわけ。【画像はクリックで拡大】

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017/01/24

MDCの50'ハイキューブ・ボックスカー(3)

Coupler-cushionizing projects, part 18: MDC/Roundhouse 50' hi-cube flat-roof series boxcars

05dsc06195

 前回のネタ、MDCのハイキューブ・ボックスカーは別に、2両のクッション・アンダーフレーム車を保有。サンタフェのスーパー・ショック・コントロールと、サザン・パシフィックのハイドラ・クッション。もちろん、カプラー・ポケットを伸張タイプに交換しなければならない。ただし、過去の方法は細工が少々面倒。
 と、手抜き方法を思い付いた。【画像はクリックで拡大】

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017/01/23

MDCの50'ハイキューブ・ボックスカー(2)

MDC/Roundhouse 50' hi-cube flat-roof sireis boxcars, typical FOOBIES

 このところ、あちらの掲示板で頻繁に目にする単語が"foobies"。残念ながら、手持ちの辞書はおろか、ネットのWeblioにも、英辞郎にも出ていない。検索したら"Urban Dectionary"というサイトにあった。「フービーズ」と読むようだ。

03dsc06192

 今回は、典型的な“フービーズ”と呼べる、MDCラウンドハウスの50'フラットトップ・ボックスカーを弄る話。【画像はクリックで拡大】

» 続きを読む

| | コメント (1)

2017/01/20

アキュレールの40'スチール・ボックスカー

Around the underfloor and coupler of Accurail's 40-foot steel boxcars

02dsc05581

 かつてアキュレールが販売していた完成品、アキュレディAccureadyを入手した。NPのボックスカー。アキュレイル
 以前に紹介したオートキャリアー(過去記事)もこれで、組立が面倒だから、ぐうたらモデラーにはありがたかった。構造簡単なボックスカーは、そういう要求が無いけれど、キットではプラスチックの車輪が金属となっていて、値段によってはお買い得なわけ。【画像はクリックで拡大】

» 続きを読む

| | コメント (0)

«アサーンの40'アイス・リーファー