2024/02/26

AHMの50'ダブルデッキ・ストックカー

AHM-red-yellow-white-logo-web.jpgUpgrading the freight cars supplied by AHM, part 6, 50-ft double deck stock cars manufactured by Mehano in Slovenia

ストックカーのモデルといえば,ほとんどが40フィート級で,50フィートは珍しい.特にHOのプラスチック製品では唯一といえる.でもこれ,プロトタイプの存在しないフリーランスなのだ.【画像はクリックで拡大】

» 続きを読む

| | コメント (1)

2024/02/25

AHMの50'エバンス・ブレッドボックス・コイルカー

AHM-red-yellow-white-logo-web.jpgUpgrading the freight cars supplied by AHM, part 5, 50-foot Evans integral-cover cushion coil cars or Bread-Box coil cars

このモデルもAHMが世に送り出した珍車の類といえる.プロトタイプは1966-67年エバンス社製の圧延鋼板コイル運搬用のゴンドラ.カバーを実車のように左右に開けることが出来る.トレインセット・レベルのギミックといってしまえばそれまでだが,プロポーションがそれなりにまとまっていて,人気があったようだ.【画像はクリックで拡大】

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024/01/27

19世紀アメリカのアイスリーファー

I came across an interesting reefer in a YouTube video. I also did some research on refrigerator cars from the end of the 19th century.

YouTube動画で魅力的なビルボードリーファーに出会った."Refrigerator of the Bergner & Engel Brewing Co."と側面に記されている.(2024-02-24 動画消滅確認)
00Bergner.jpg

検索してフィラデルフィア図書館デジタルコレクションに行き着いた.醸造所に関するアルバムには,このリーファーの外観を含む37枚のリトグラフ・イラストが示されている.1890年頃に出版されたものという.【画像はクリックで拡大】

» 続きを読む

| | コメント (0)

2023/05/22

京阪SANZEN-HIROBA 改装オープン

Keihan SANZEN-HIROBA renovated and opened: The 5000 and 2600 series were added to the 3000 series.

04img_8849c

京阪樟葉駅に隣接する商業施設"くずはモール"内にSANZEN-HIROBAが改装オープンした。従来の3000系に加えて、5000系と2600系が展示されたのだ。とれいん誌2023年6月号の小文では3系列の模型化の要点を披露している。関心のある向きには喜んでいただけるものと信じる。ここではそれ以外の細々としたことをいつものようにグダグダと‥‥。一部を除き撮影日は公開初日の2023-04-21【画像はクリックで拡大】 

» 続きを読む

| | コメント (2)

2022/12/20

ケーディーカプラー学力検定

KADEE COUPLER Academic Achievement Tests

F級編(満点100点、合格90点以上)
問題F-1: ケーディー以外のマグネティック・ナックル・カプラーが嫌われる理由を列挙しなさい。
問題F-2: スチール製の車軸は忌避されるのに鋼板製の重りが受容される理由を述べなさい。
問題F-3: 多くのモデラーがスケールヘッド#158よりもスタンダードヘッド#148を好む理由を述べなさい。

» 続きを読む

| | コメント (2)

2022/07/18

AHMの40'スライドドア・ボックスカー

AHM-red-yellow-white-logo-web.jpgUpgrading the freight cars supplied by AHM, part 4: 40-ft slide-door boxcars; Did these models evolve from the Crown to AHM and Bachmann?

11img_9893

AHMのボックスカーはオーストリアのロコRoco製とばかり思い込んでいたら、床下面に"HONG KONG"の刻印を見つけて驚いた。さらに車体シェルのモールドが香港クラウンに瓜二つなのだ。【画像はクリックで拡大】

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/03/28

スカイトップ展望車の水上レストラン◆高田寛氏のお便り

The floating restaurant in Detroit, Michigan was the ex-Skytop Observation cars of the Milwaukee Road. Hiroshi Takada visited there on July 26, 1991

01img907b

高田寛氏に写真を送っていただいた。一目でわかる通り、ミルウォーキー・ロードが誇ったスカイトップ・ラウンジが水上レストランとなっている。しかも2両。場所はデトロイトで、1991年7月の訪問だという。【画像はクリックで拡大】

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/03/18

MDCの36'ウッドリーファー(2)

MDC-Roundhouse 36-ft wood reefers with a little effort: part 2

抱えていた表題の製品を、ついでに仕上げることとした。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/03/17

MDCの36'ウッドリーファー(1)

MDC-Roundhouse 36-ft wood reefers with a little effort: part 1

古いモデルを引き受けた中にこれがあった。往年のMDCラウンドハウス製ウッドリーファーだ。ダイキャストの床板が変形して中ほどで折れている。MDCでは初めて見る。亜鉛ペスト(シーズンクラック)にしては変だ。こういうものを手に取ると直ぐに弄りたくなる。早速、手持ちモデルから下回りを外して合わせてみた。【画像はクリックで拡大】

00img_4620

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/01/01

アメリカ型HOの現在過去未来

Nenga2021k2

» 続きを読む

| | コメント (2)

2020/11/24

アキュレールのグレインホッパーACF CF-4600

A memorandum about Accurail's covered hopper model ACF Center Flow CF-4600

1両の中古品を修理してBNグリーン7両が揃った。26年も前の1994年に売り出されて定番ともいえるモデルで、皆さんよくご存じのはず。私の気が付いたことを書いておく。いうなれば"とれいん"誌2000年1月号の記事の追補。【画像はクリックで拡大】

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020/11/20

MDCのダイキャスト床板50'ボックスカー(2)

Coupler-cushionizing projects, part 28: 50 foot boxcars with diecast underframe manufactured by MDC-Roundhouse (2)

Union Pacific Railroad 50-ft boxcar models with yellow and silver scheme equipped cushion underframe, manufactured by MDC-Roundhouse

5年前に一度仕上げたモデルを再び弄った。MDCラウンドハウスが1963年に売り出した、床板がダイキャスト製の50フィート・プラグドア・ボックスカーで、UPのイエローとシルバーのスキーム3両。【画像はクリックで拡大】

» 続きを読む

| | コメント (2)

«アサーンの86'ハイキューブ・ボックスカー(4)