« 電車も水浴びしたい! | トップページ | 阪急・阪神百貨店の鉄道模型フェスティバル »

2007/08/18

我が青春のアムトラック・ジェネシス

I became a prisoner of Genesis by the visit to Washington D.C. Union Station only two hours.

 

Img527b

 F'Trackさんの掲示板で、アムトラックの旅客用ディーゼル機P40DC、またの名をAMD103、ジェネシス(Wikipedia英語版)が話題となりましたので、私の写した写真や持っているモデルを紹介しましょう。
 実は、何を隠そう、日本人で最初に写真に撮って雑誌に載ったのは、この私なのです。とれいん誌1993年10月号の「ワシントン、ユニオン駅での2時間」という記事です。
【写真は全てクリックすると拡大します】

Img531b

 当時、アメリカ型に一応の興味はあったのですけれど製品の入手がままならず、模型店で偶々目したモデルを1両、2両と購入するだけで、鉄道の由来とか、型式がどうのこうのとかいうウンチクについては全くの無知だったのです。その頃から色が好きだったBNにしても、GNやNPが合併して発足したことも知りませんでした。

Img523b

 それが、生まれて初めての海外旅行で、偶然立ち寄った駅構内でこの機関車にお目に掛かったのです。正にビギナーズラックですね。

AMTK 801

 写真を添えて記事を投稿したら、ジェネシスの写真を流用されて「なんたってアメリカ型」なる別記事に仕立てられたのにはビックリしました。5月11日に同じ駅で一般に公開されて、私が撮影したのが6月8日、嶋野祟文さんが、時代を画する新鋭機と解説される文章には驚天動地の思いでした。
 雑誌社へ提供したのはネガカラーのプリントだったのですけれど、モノクロの印刷がシャープだったのも印象的でした。今、改めてフィルムをスキャンしてみると、当時の感動が甦ってきます。確かに居並ぶ車両の中で、この機関車だけが光り輝いていました。

 ジェネシスはその後、750V第3軌条集電が可能な3,200馬力のP32AC-DM(700-717)が登場し、またP40は発展してP42DCという4,200馬力機(1-207)になり、番号も若返りました。P42は車体後部の3色帯のフェードアウトが止めになり、P40も4,200馬力に改造されています。さらに塗装はシャミューと呼ばれるフェーズVや、フェーズIVの焼き鈍しの様なフェーズVIが加わって、またメトロ・ノースやカナダのVIAレールでも登場し、賑やかになりました。
 ただし、私は1995年まで存在したBNに拘っていますから、ジェネシスでも興味の対象はフェーズIIIだけです。なお、アムトラックの塗装スキームの変遷はウィキペディアに解説があります。

 しばらくしてOMIのブラス製品発売を知って、入手したいと思ったことも当然の成り行きです。もちろん、アメリカの模型店から通信販売で入手する術は直ぐに修得していて、ワシントンで写した801号を探しまくりました。しかしなかなか見つからず、しびれを切らせて2回目発売の827号機で我慢をしました。しかしその途端に、801があるとのダイレクトメールが届いて注文したけれど、送られてきたのは827ということもありました。本当に入手できたのは4年後の1997年になってからです。

Adscf5293

Adscf5296

AMTK 801

 しかしこの年、アサーンからプラスチック製品が発売されたのです。素晴らしいモデルで、これはショックでした。P40に加えてP42もラインナップされました。また、Details Westから細密化パーツ・セットも出ました。一応、両者を購入したものの、箱に入ったままなのは皆さんのご推察の通りです。

Adscf5300  ところで、OMI製品も良くできています。レタリングは微に入り細に入りで、床下のディテールたるや、本当に唸ります。ところでこの800-821と822-845の相違点ですが、一生懸命に見比べてもよく判りません。唯一、前部台枠に描かれたGEマークの有無ぐらいです。ただし、モデルを納める箱は全く異なっていて、この辺りで方針が大きく変わったようです。

|

« 電車も水浴びしたい! | トップページ | 阪急・阪神百貨店の鉄道模型フェスティバル »

新旧製品探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134375/16157007

この記事へのトラックバック一覧です: 我が青春のアムトラック・ジェネシス:

» 馬鹿売れ☆「昭和の鉄道模型」 [いっぽ、にほ、散歩。]
「昭和の鉄道模型をつくる」という商品が、爆発的に売れているそうです。(森永卓郎経済コラムより http://podcast.1242.com/)丁度僕も、先日本屋さんで見かけて気になっていたので、HPを見てみました。う���ん。確かに面白そうですねぇ。毎週... [続きを読む]

受信: 2007/08/18 22:41

» 国内ツアー・海外ツアー等、旅行に関するサイトナビ。 [旅行-ネット検索.com]
国内ツアー・海外ツアー等、旅行に関するサイトナビです。検索にお役立て下さい。 [続きを読む]

受信: 2007/08/19 15:57

« 電車も水浴びしたい! | トップページ | 阪急・阪神百貨店の鉄道模型フェスティバル »