« 最新鋭のディーゼル機MP36 | トップページ | カリフォルニア州鉄道博物館(1) »

2008/03/20

ソルトレークのライトレール(1)

UTA TRAX, Light Rail Transit in Salt Lake City, UT, part 1

UTA TRAX Delta Center no.1

UTA TRAX Delta Center no.2
【写真はクリックで拡大します】All Photos on Feb. 15, 2008

 昨日紹介したソルトレーク・シティを中心とするフロント・ランナーというコミューターレールはUTA=Utah Transit Authorityという公共企業体の経営とのことで、既にバスとライトレールを運営しています。このうち、我々の趣味の範疇であるライトレールはTRAX(Transit Expressの略称)と呼ばれ、ウィキペディアに解説がありました。上の2枚の写真はその終点であるデルタ・センター付近です。

UTA TRAX line map 右に示した路線図で、ここから東へ向かうユニバーシティ線(赤)と、南のサンディへ向かうサンディ・ソルトレーク線(青)が現在運行中です。さらにこの2008年4月開業予定という、デルタ・センターから西南のインターモーダル・ハブという地点までの工事が訪問時にたけなわでした。

UTA TRAX under construction このインターモーダル・ハブにフロント・ランナーも発着となるわけです。写真のトラックは軌道工事用です。んっ?、屋根の向こうに……!

775a

821a

 デルタ・センター駅の突き当たりが元UPの駅で、その証拠に見慣れた大きなヘラルドが掲げられています。この建物の裏(西)側へまわると「The Gateway」の看板がありました。それを頼りに検索するとGateway Districtという都市再開発事業が付近で進行中ということが知れます。交通網の整備もそれに組み込まれている様です。
Photo
Google Mapで見る

 次の写真は宿泊したミッドベールのDays Innに隣接する7200 South(Midvale Fort Union)駅に進入しようとするサンデイSandy行です。Googleアースを辿れば、ソルトレーク市内を抜けると専用軌道になっています。途中に側線がたくさんあって、何かの路線を流用したのかも知れません。車両についても調べたのですが、日本製だとか、サンノゼから中古を買ったとかいう話はあるものの確かなことは判りませんでした。
UTA TRAX 7200 South depot

UTA TRAX 7200 South depot

771a

【追記】再度Google Mapを覗いたら、菱形の建物「Delta Center」の名前が変更されて「The Energy Solutions Arena」となっていました。UTA TRAXの駅名も変えられているかも知れません。2008-03-29

【追記2】ユニオン・パシフィック駅とリオグランデ駅の、絵葉書と1992年当時撮影の写真が須藤康夫さんの「百年の鉄道旅行」にありました。また、1945年まで存在した路面電車の車庫がトロリー・スクエアという名のショッピングセンターとなり、その中に昔の車庫の様子が模型で再現されていたそうです。ことによると、その路線の一部がこのライトレールに再用されているのかも知れません。2008-09-23

【追記3】写真を3枚、付け加えました。また、このLRTの連結器とパンタグラフを別稿に仕立てました。2010-12-31Salt Lake City, Light Rail, Intermodal Hub, Delta Center

|

« 最新鋭のディーゼル機MP36 | トップページ | カリフォルニア州鉄道博物館(1) »

北米鉄道巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134375/40550997

この記事へのトラックバック一覧です: ソルトレークのライトレール(1):

« 最新鋭のディーゼル機MP36 | トップページ | カリフォルニア州鉄道博物館(1) »