« TMS誌2月号にOゲージのビッグボーイ | トップページ | アサーン55'ACFカバードホッパー(3) »

2009/01/26

ブリッジ&トレッスル・ハンドブック

An introduction of the book, Bridge and Trestle Handbook, by Paul Mallery. How wonderful curved girder bridges and ballasted floor framed timber trestles are!

Img661b

 前回お話しした鉄道模型趣味2009年2月号で、私が心を動かされた記事がもう一つありました。それは表紙となったレイアウトで、畑川政勝さんの「入江のモジュール」です。雪が解け出した風景の中に流れる水面の揺らめきがライティングの妙技と相まって、まさに詩情を醸し出しています。
 HNモジュールという規格は最小半径が420mmとのことで、ローカル線を再現するには格好の規格だと思います。このグループの展示は、秋に開催された2008鉄道模型大集合in Osakaでも拝見しました。

Tms0902 ところで、TMSのこの作品で気になったものはプレートガーダー橋です。完成後は目立たないのですが、工作途中の写真では線路に沿って桁が曲げられていることがハッキリと判ります。工作用ボール紙を用いたとのことで、さぞや大変だったことだと思います。
 一部の方はご存知でしょうが、主桁は、実物では全て直線なのです。【転載した図はクリックで拡大します】

Curve
Cant  この辺りの解説が、ちょうど入手したCarstens社刊「Bridge and Trestle Handbook」にクドい様に書かれていました。上はそれを説明する単線の図です。ちなみにカントは、右図のように1本ずつの枕木を持ち上げるか、削るかで付けられます。

 実物の状況を見ることはなかなか難しいので、モデル化するイメージが湧かず、実際にはTMSの記事のように作った方が違和感が無いのかも知れません。レイアウトは余りに急曲線です。ただしこの辺り、編集部でコメントを付けるなりした方が良かった様な気がします。
 私の記憶では、近鉄京都線宇治川鉄橋桃山御陵前駅寄が曲がっていたはずです。

Img663b さて、このハンドブックですが、表紙の絵を見て私は長い間、内容はフェリーか何かだろうと思っていました。橋の本と気付いて今回のウォルサーズ社への注文に混ぜてみたのです。
 オリジナル版は1958年の出版で、著者はロングアイランド鉄道の橋梁技師を務め、のちに橋梁会社を経営した方。そして、この版はその子息で、モデラー向けの本をたくさん著されているPaul Mallery氏が手を入れたものとのことです。ですから、そんじょそこらのものとはレベルが違って、例えば古典蒸機ファンにはおなじみのCooper's Loadings、クーパー荷重の解説があったりします。

 我々に最も有益なデータは、プレートガーダーについての諸元一覧表でしょうか。50フィートの単線用では、近代重量級で高さが6'、補強縦アングル11本、上辺補強板50'×1+30'×1+20'×1枚。近代軽量級=1900年頃重量級で高さ4'3"、補強アングル11本、上辺補強板50'×1+20'×1枚……というような調子です。
 ということで、TMSの表紙では、ちょっとヘビーデューティかな、と思わなくもありません。

 我が目を疑った写真は、SPの5277号機、ボールドウィンのAS-616が巨大なティンバートレッスルを渡るものです。この説明に"Ballasted Floor Framed Timber Trestle"とあります。すなわち、木橋がバラスト道床だというのです。

F_11

Trestle UPやAT&SFでは珍しくないそうなのですが、何故だと思われますか?
 私が今まで聞いた話で「有道床化」といえば必ず環境対策、防音が目的ですけれど、両鉄道とも荒野の真ん中を突っ走りますから、そんなこととは無縁のはずです。バラストがあれば降った雨が乾き難くく木材の寿命が心配です。

 で、書いてある理由は"ハイスピード、ヘビートラフィック"だそうです。鉄橋も一緒です。
 言われてみれば、地面上より橋上ではレールの支持弾性が硬くなります。また、橋脚で支えている点は硬いけれど、その中間は撓んで柔らかい……ということで、高速だったり重量が過大な場合には凄い上下動が起こることが考えられなくもありません。にわかには信じられませんけれど。

 他には日本で稀なMovable Bridge、可動橋については33頁に渡って解説されています。彼の地で実際に見ている方には興味深いことでしょう。ターンテーブルもこの範疇に含まれています。またヤジロベー式cantilever等を組み合わせた長大橋についても紙枚が割かれています。

 ところで、私が昔からレイアウトで"変だ"と思っているのは、勾配中の橋が概ねレールに沿って掛けられる、すなわち橋桁が傾いていることです。実物は水平で、枕木にカマしものをして一方のレールを持ち上げていると認識しているのですが、手持ちの文献では見つからないし、この本にも書いてありません。記憶では、上田丸子電鉄真田傍陽線の神川鉄橋(デッキトラス)がそうでした。風景の中で傾いている大きな人工物には違和感があると思うのですが……。

 巻頭にある著者の言葉です。「リアリズムを付加するよりも、むしろそれを損なう目障りな橋は、ほとんど、いつも、知識欠落の結果だ。モデリング・スキルの欠乏ではない」 The eye-sore bridges which detract rather than add to realism are almost always the result of lack of knowledge of bridges, not lack of modeling skills.

【追記】何を血迷ったか「単線」と「複線」を取り違えていました。すいません。上記の文章は訂正済みです。「橋」について日本の雑誌にも種々解説がなされていることと思いますが、私の知っているのは鉄道模型趣味1966年8月号の「トラスブリッジの模型化」(シーナリィ・ストラクチャーガイド1に再録)ぐらいです。他はどうなのでしょうか? 2009-01-27

【追記2】この本がdda40x氏のGiants of the Westでも取り上げられました。30年以上前に購入の旧版とのことです。TMSの作品には、卓越したセンスと技術、さらに渾身の情熱とエネルギーが注ぎ込まれているというのに、最初のちょっとした手違いで実感を損ねる面があるということは本当に残念です。これを避ける方向にリードすることも、専門誌が読者から求められていることだと私は思います。2009-02-18

【追記3】本文中で「実物の主桁は全て直線」などと断定してしまったものの、近年は種々カーブしているものが現れてきています。その実例を「カーブするトラス橋が実在した!」で報告しました。
 また、橋桁に勾配が付いている例が、なんと身近な京阪線にありました。ガーダー橋です。ただ、大きなトラス橋は水平に設置されるのではないかと思います。
 なお橋の話をまとめて「鉄橋ラプソディー」と名付け、一覧表を作ってみました。2009-04-14

【追記4】ティンバートレッスルの写真を追加しました。掲示板で話題としたように、撮影者はリチャード・シュタインハイマー(またはスタインハイマー)氏です。2011-12-13

【追記5】このティンバートレッスルのバラストは、どうも火災対策のようですね。RMC誌2008年10月号p88-98によれば、橋梁全体への延焼を防ぐために枕木を覆う形で散布する鉄道があったとのことです。2012-10-02

|

« TMS誌2月号にOゲージのビッグボーイ | トップページ | アサーン55'ACFカバードホッパー(3) »

和洋のモデル本」カテゴリの記事

コメント

 朝日新聞夕刊に連載されていた「ネットは今」というコラムは今日が最終回だった。そこに紹介されていたニコラス・カーというビジネスライターの指摘の一つは、ネットの広がりに伴う「社会の溝」だという。いわく、
「例えば米国には、リベラルなブログや保守的なブログがあるが、いったん、どちらかに行ってしまうと、お互いの会話というものがほとんどない。ネット上で、言論の溝が深まっている」

 これは我々の世界でも起こっていることではないのか? 例えば、工作派、コレクション派、運転派、旅行派、日本型派、近代型派、古典型派……。

 紙の雑誌ならば、掲載された様々な記事が否応なしに目に入る……、読む読まないは別として、自分の好みに合わない世界にも触れる機会はある。

 しかしネット生活にドップリ浸かり、プラウザの「お気に入り」に登録したサイトだけを巡回する習慣に陥れば、すなわち「溝」が出現してしまうという理屈だ。それを跳び越える力がクラウド・コンピューティングにある、とでもいうのだろうか? あるいは、我々一人一人の意識こそが唯一の解決策なのだろうか。

 そんなことを考えながら種々検索していたら、本記事にリンクを張られたskt48さんという方のModelisme hebdomadaireなるブログを発見した。先ず隗より始めよ!か

投稿: ワークスK | 2009/02/27 20:17

当ブログの紹介、ありがとうございます。

>私の知っているのは鉄道模型趣味1966年8月号の「トラスブリッジの模型化」(シーナリィ・ストラクチャーガイド1に再録)ぐらいです。他はどうなのでしょうか?

意図的に石積みのアーチ橋をカーブさせてつくった例として、Nゲージが9ミリゲージと言われていた頃のTMS編集部企画のレイアウト作例記事(これはカーブしているだけでなく、複線をまたぐためにアーチの頂部を直線にして橋脚間を開くという離れ業もやってのけていたと記憶しています)や、平野和幸氏の第一次千曲鉄道の例があるのですが、千曲鉄道の曲がったアーチ橋については設計者の中尾豊氏が、本来は直線であるが模型の急曲線では幅が広くなる事、カーブさせても目立たない事からあえて線路にそってカーブさせたというようなことをTMSに書いていたと思います。(掲載号が手元に無いのでおぼろげな記憶ですみません。)

たしかに、鉄道模型工作者むけに、まとまった形でわかりやすく基礎的な知識を解説したようなものは、思い当たりませんね。

投稿: skt48 | 2009/02/27 22:01

 橋の解説記事を発見しました。もう20年も前のものですが、鉄道模型趣味TMS誌の1988年12月号から4回の連載で総22頁、佐伯二郎氏の手になる「鉄道橋ガイド 」です。Nゲージの製品を流用する例を中心に実物を交えて微に入り細に入り懇切丁寧に説明されています。

 このガーダー橋のところに「ほんもの志向のアドバイス……橋梁上の急曲線は桁と線路とが大きくズレてしまうので避けたいもの。ガーダーの長さを詰めて短いスパンにすれば、やや急な曲線もフォローできますが、作例のような、緩い曲線が自然です」とあって、言い方がちょっと弱いですかね。
 アーチ橋のところには模型と実物の写真を交えて「実はカーブしているのは線路だけで、アーチそのものは直線になっています。模型では、多少のウソは承知の上で、曲線区間に石積アーチ橋などを作ることがありますが、急カーブは不自然で工作も難しくなります。やはりアーチ橋は直線が基本なので、後述の作例のように直線アーチを組み合わせて曲線に対応するのもひとつの方法です」と力が込められています。というのも、この年の2月号と7月号の表紙(森井義博さんのHP)が……(笑)

 ところで、この記事の存在が分かった切っ掛けは境川東山峡鉄道というサイトのレイアウト参考資料を集めたページでした。また、ここにリストアップされている「間違いだらけのレイアウト作り」というRMM誌の連載は、信号機や標識のイロハで、私はカラーコピーして綴じています。
 もしかしたら私が知らないだけで、これらは各々一冊にまとめられて出版されているかもしれません。ただ、雑誌の枠を越えたこういう知識の集積が貴重だと思います。

投稿: ワークスK | 2009/03/05 20:35

曲がっているアーチ橋の例として有名なスイスはレイティッシュバーンのランドバッサー橋で、ディテールが判る写真を見つけました。確かに一つ一つの石積アーチは直線となっています。

投稿: ワークスK | 2009/03/08 01:11

映画「ハリーポッターと秘密の部屋」に登場する世界最古のコンクリート・アーチ橋、グレンフィナン高架橋は、曲線を描いているようにみえます。
石積み、レンガ積みのアーチ橋とコンクリート橋では同じアーチ橋でも構造が違うのか、それとも立ち上がった両壁だけが曲線を描いているのかは、この写真からはちょっとわかりませんね。

【管理人追記】このサイトが直接リンクを拒否していますので、面倒ですが「ポッターマニア」の左サイドで「サイトマップ」、さらに「ロケ地」、「オックスフォード2(2004年度情報)」、「③グレンフィナン高架橋」と辿ってください。「絵葉書」とある2枚の写真で左側のものです。

投稿: skt48 | 2009/03/09 21:23

おおっ! ホグワーツ・エキスプレスの世界が実在するとは……。
お示しいただいたサイトが開けないのですが、ウィキペディアグーグル画像を眺めても、確かに曲がっているとしか見えませんね。うぅぅぅむ……

投稿: ワークスK | 2009/03/09 23:20

この写真ではそれぞれのアーチは直線のように見えます。

【管理人追記】このサイトが直接リンクを拒否していますので、面倒ですが「ポッターマニア」から表題下の「ロケ地の旅」、「賢者の石」、「グレンフィナン高架橋・2003年高架橋(蒸気機関車)」と辿ってください。<蒸気機関車の車窓からの眺め♪>という写真です。

投稿: dda40x | 2009/03/13 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TMS誌2月号にOゲージのビッグボーイ | トップページ | アサーン55'ACFカバードホッパー(3) »