« ACFセンターフロー・プレッシャーエイド | トップページ | NACCプレッシャーデファレンシャルPD3000(1) »

2009/02/02

トリニティ・パワーフローPD 5125

Assembling an old Walthers kit, the Trinity Pressure-Differential Power Flo PD 5125 covered hopper, demonstrator scheme. Why must we need skills to own models?

Pwflo0

 今回はウォルサーズ社が1994年に売り出したトリニティ・パワーフロー・カバードホッパーです。
 3ヶ月前に同じ製品をお見せしましたが、改造して別の型式にしようと思い立ち、それでもう1両を手配しましたら、幸いにも見栄えのするデモンストレーター塗装が入手できましたので、こちらをそのまま組んで、従前の組立済の方を改造に回すこととしました。【画像はクリックで拡大】

Powerflo1

 古いキットですから一部"合い"が悪いものの、そこはそこで面白いところではあります。絶版になっていますからこれから組むという方は稀でしょうが、参考までに紹介します。

Powerflo3  まず最大の見せ場である本体と側板の前後端面部です。密着させるために、指で押さえて接着剤を流し、10分ほど保持しました。リモネン系では硬化が遅いので従前の流し込みタイプです。写真では溶けた塗料が少しはみ出しています。

 ウエイトの鉄板は、組立後に妻面の2個の穴から見えてしまいますから、黒塗装を施しました。ステンレスの様ですので、本来はそのままでよいはずです。

Powerflo2

 また、床板への取付は一般に合成ゴム系を使うところです。
 ただし、このモデルは床板を車体に接着剤で固定して密閉となる構造ですから、5年10年はいざ知らず、20年30年となると心配というわけで、今回は値段が高めの両面テープを使ってみました。これと同じものが補重用のキャラメル形ウエイトに採用されていて、問題を聞いていないという根拠もあります。ちなみにこの車は7gのキャラメル形を3個、合計21gを追加しました。

 買ったテープはスリーエムのカタログ番号KCP-15というものでDIYショップで見つけました。厚さが1.3mmで色は白、用途が「自動車内装」というのですから、厳寒の零下から炎天下の数十度まで耐えるはずで、モデルの寿命、すなわち私の残存寿命ぐらいは保ってくれると思います。他にもっと強力そうなものもありますが、同じ値段でも長さが全然短くなっています。

Powerflo4

 床下の配管類は、思ったよりシッカリと固定できます。心配は四隅のステップで、2個余分が入っているのはそのためでしょう。これは完成後もいざというときのために取っておく方が無難です。ランナーの切り口などの塗り残しは面倒なのでそのままとしました。

 車輪は9.5mm(33")を10.5mm(36”)に交換しましたが、カプラー高さは元々低めですので、ちょうど良くなります。

 さて、このキットの組立は難しい部類には入らないとはいうものの、全ての方が問題無く組めるというというものでは無くて、配管などのパーツをランナーから折らずに切り出すことに始まり、接着剤の使い分けなど、経験あるモデラーなら何でもない技術や知識が必要ということも事実です。
 それに対して現在はプラスチック製でも完成品が主流になっているのは、模型=工作という図式からの決別ということで、それを楽しみにしている私を含めた一部の方々にとっては寂しい状況ではあります。
 先日の雑誌の行く末を話題にした中に、情報は平等化と無償化が進んでいるとあります。そして模型製品も一緒で、高い水準のモデルが誰にでも手に入り、安価になっていくという流れだと解釈できますね。#932-5807

|

« ACFセンターフロー・プレッシャーエイド | トップページ | NACCプレッシャーデファレンシャルPD3000(1) »

新旧製品探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ACFセンターフロー・プレッシャーエイド | トップページ | NACCプレッシャーデファレンシャルPD3000(1) »