« 富山では夜の街にガタンゴトン | トップページ | 柴田式密着連結器の廻り子 »

2009/09/01

大阪で見た!シャルフェンベルク連結器

Mr. Setsuo Sawada saw the Scharfenberg coupler at the shop of the Kinki Sharyo, Osaka in Japan. Do you know the coupler's working?

Schrfenbergssawada_2

Schrfenbergup2 澤田節夫氏からメールが届いて、大阪で撮影したという添付写真には驚きました。ヨーロッパで広く普及しているシャルフェンベルク密着連結器だったからです。拡大してみると、まさしく"Scharfenberg"の綴りが読み取れます。【画像は全てクリックで拡大します】

 種明かしをすれば先日、近畿車輌の社員工場見学会に参加されたとのことで、ドバイ・メトロへの輸出車両に装備されていた由です。
 同社のサイトを覗くとこの車両が紹介されていて、Wikipedia英語版に既に詳しい解説があり、またYouTube動画には試運転の様子がアップされていました。次の写真は近車サイトからの引用です。
Dubai

 さて問題は連結器です。新品ですからディテールがよく判るものの、どういう動きをするのかは、やはり頭を捻らざるをえません。

Schrfenbergssawada

 澤田氏の予想は、「奥に開放用のプシュロッドのようなものが見える。また、向かって右の出っ張りの引っ掛かりもトムリンソンの様に左右に動くのか。あるいは後ろに移動するようにも見えるが‥‥」というものでした。
 また、当ブログ2008年1月19日の記事にはYoさんが御説を披露してくださっています。

 ただし、私にはいま一つ納得できない面があります。
 疑念は、Wikipediaのイラスト、あるいは小坂狷二著「客貨車工学(下巻)」の付図に、肝心のロック機構が描き込まれていないのではないか、ということです。
 次の2葉の画像は、メーカーVoith Turbo社のサイトから探し出した最新式です。【"Voith Turbo"は「フォイト・ターボ」と読むらしい】

F_vt_kuppl_koerper

Type

 次は動画です。

 英語もドイツ語もサッパリですのでこれ以上は前に進みません。Wikipedia独語版も含めて、どなたかに読み解いていただける日を気長に待つことにしましょうか。シャルフェンベルヒ シャルフェンベルク式連結器 シャルフェンベルク式密着連結器 シャーヘンバーグ 密着連結器 シャーフェンベルク密着式連結器

【追記】新宮琢哉氏より、コメントと共に写真をお送りいただきました。見れば見るほど不思議な形です。アメリカでも採用されていたのですね。2009-09-02

「シャルフェンベルク式用の車止めです。サンディエゴ・ノーザン鉄道(交通公団)の支線”スプリンター”の終点(Escondido)で撮影したものです。連結器下部の棒は一体何なのでしょうか。車輌によって、付いていない事もあります。車止めに付いているという事は、何らかの案内棒なのでしょうか?」
Pict0074_w600

【追記2】“連結器下部の棒”は「グリッパー」と呼ぶようです。ある特許情報の照合(30)ですが機能は判りません。2012-10-18

【追記3】サンディエゴのMTSで使われている連結器をF'Trackさんが拡大写真で紹介してくださいました。多分これもシャルフェンベルクだと思います。ただ、この填り合う膨らみと穴が変な形をしています。2009-10-02

【追記4】9月11日の読売新聞朝刊が伝えるところによると、9月9日、ドバイメトロが一部区間で営業運転を開始したとのことです。一説に拠れば2009年9月9日の9時9分発車という、アラブでは縁起の良い"9"尽くの様です。ウィキペディアは英語版、日本語版とも、既に書き換えられていました。2009-09-15

【追記5】記事として「シャルフェンベルク連結器のもろもろ」を上掲しました。一応、解決編のつもりですが‥‥。なお、Voith Turbo社のサイトは大幅にリニューアルされていましたので、リンクを貼り変えています。2012-08-20

|

« 富山では夜の街にガタンゴトン | トップページ | 柴田式密着連結器の廻り子 »

カプラーの不思議」カテゴリの記事

魅惑の欧亜豪」カテゴリの記事

コメント

ドイツの鉄道雑誌Eisenbahn Kurier 2012/1月号に、副題は"100年以上確実な接続"と訳すのかどうかわかりませんが、シャルフェンベルク連結器について7ページの記事になっています。
DBの蒸気機関車から近年のディーゼルカーなどの写真も載ってますから、これらに使われているということなのでしょう。
構造図や動作の説明図、部品状態、電気接点が左右にあるタイプや下にあるタイプの写真も載ってますが、如何せんドイツ語なので内容は理解できません。
趣味雑誌に載るくらいなので、現地でも興味を持っている人が居るということでしょう。

>>連結器だけで7頁とはすごいですね。まあ何時かはWikipediaに反映されるはずで、気長に待つしかありませんね。【ワークスK】

投稿: とやま | 2012/01/08 18:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富山では夜の街にガタンゴトン | トップページ | 柴田式密着連結器の廻り子 »