« 球頭式連結器は怪しさ100% | トップページ | ソルトレークの鉄道遺産 »

2010/12/31

ソルトレークのライトレール(2)

UTA TRAX, Light Rail Transit in Salt Lake City, UT, part 2

807a

 画像ファイルを整理していたら、LRT用のシャルフェンベルク密着連結器の写真が出てきました。写したのを完全に忘れています。【画像はクリックで拡大します Photos Feb. 15, 2008】
805c

 連結器の仕組みも依然不明ですし、この胴部分の造作にも悩ましい部品がついています。
806b

 ここの電車については前に一度、紹介したことがあったのですが、今回は残りの中から車両を中心にお見せします。
804a

 電車のスキームは、こういう雪晴れの中だと大変に魅力的です。架線ポールの色と形も街の風景に非常に良くマッチしていると思います。

808a

811a

812a

820a ビル街の背後の山は、ソルトレークの東側ですからワサッチ山脈になるのだと思います。

 グーグルマップを確認したら、このTemple Squareから南方へ路線が延長されていました。3年前の記事もご覧ください。
Soltlaketemple
to the Google Map

【追記】架線についてコメントを頂きましたので、トリミングを変えて写真3葉をアップしておきます。2010-01-02
810a

804c

 次は、ミッドベールで見たシンプル・カテナリーです。
771c

【追記2】記事として「シャルフェンベルク連結器のもろもろ」を上掲しました。一応、解決編のつもりですが‥‥。2012-08-20

|

« 球頭式連結器は怪しさ100% | トップページ | ソルトレークの鉄道遺産 »

トロリー天国」カテゴリの記事

北米鉄道巡り」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

ライトレールとはいえ、すごい簡素な架線設備ですね。直接吊架線というんでしょうか。こんなのと比較すると、日本の鉄道の架線設備は重装備すぎるのではないかと思えてきます。

>>明けましておめでとうございます。こちらこそよろしくお願いします。またコメント、ありがとうございました。
 架線構造は速度にもよるのでしょうが、3年前に紹介したミッドベールはカテナリーでした。市街地は1本の方が空が五月蠅くなくて好ましいですね。【ワークスK】

投稿: ヤマ | 2011/01/02 00:38

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致しますm(_ _)m

我が国の路面電車も併用軌道区間では直接吊架線が主流だと思います。

画像を見ると直接吊架線であっても架線支持が可動ブラケット式になっているあたりは押さえるところはきっちとしている感じがしますね。

>>明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。コメント、ありがとうございます。
 架線も奥が深いですね。ご参考になりそうな写真を追加しておきました。【ワークスK】

投稿: ひかり・こだま | 2011/01/02 20:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 球頭式連結器は怪しさ100% | トップページ | ソルトレークの鉄道遺産 »