« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011/03/30

小菅一己氏の組立式レイアウトは16.5mmと12mm

Adsc01611

 ヤマさんのブログ「高急モデルノート」で紹介された、京都郊外の八幡市で開催の「鉄道模型と写真展」に行ってきました。小菅一己さんという方の個人出展で、所属クラブのメンバーが応援する形だそうです。
 もちろんここでは、その鉄道模型の方、特に興味深かった組立式のレイアウトを紹介しましょう。【画像はクリックで拡大します】
Adsc01613

続きを読む "小菅一己氏の組立式レイアウトは16.5mmと12mm"

| | コメント (1)

2011/03/28

鎮目泰昌氏の60坪レイアウトはOとOJ

Mr. Yasumasa Shizume laid O scale standard and 3'6" gauge trucks with overhead catenary in his home pike.

Dsc01260a
 御自宅に建設されたレイアウトを、お誘いを受けて拝見してきました。聞きしに勝る規模と構想です。なんと、OとOJのデュアル・ゲージで、共に全線が架線集電というのですから、驚かざるを得ません。
 もちろん、とれいん誌2002年10月号で紹介されましたから、その存在を知ってはいたのですが、まさに"聞くと見るとは大違い"とは、このことです。【画像はクリックで拡大します】
Sizume00_2

続きを読む "鎮目泰昌氏の60坪レイアウトはOとOJ"

| | コメント (0)

2011/03/25

RMC誌2011年4月号にOMI、LMBとスクラッチ

Review of the Railroad Model Craftsman's issue of April 2011

 昨日届いたレールロード・モデル・クラフツマン誌2011年4月号は、興味深い中身が目白押しでした。

Img042

Rmc1104f まず最初は、C&NWがF3Bを流用して仕立てたスラグ・ユニットを、素材から自作したモデルの記事です。
 屋根の丸みをプラスチック板の積層から削り出し、リベットは黄銅線を一本一本埋め込むなどという大技が繰り出されています。【画像はクリックで拡大します】

続きを読む "RMC誌2011年4月号にOMI、LMBとスクラッチ"

| | コメント (0)

2011/03/07

豪州はバッファー付の自動連結器

Australia's automatic coupler with buffers: These pictures were taken at Kuranda station of the scenic railway, 20 mile long from Cairns, Queensland, Australia. Do you know the construction or the manufacturer of the coupler? Thank you for any idea.

Img_1752b
 オーストラリア、ケアンズへの観光旅行の土産だと言って、家人から80枚ほどの写真をもらいました。キュランダ・シーニック鉄道という観光列車の終点キュランダ駅で、列車だけ写したものです。乗車はしなかったけれど、構内や列車には自由に入れたとのことです。

 で、注目したのは、その連結器です。2つのバッファーの間にあるのはナックル、まさしく自動連結器です。【画像はクリックで拡大します】
Img_1753a

続きを読む "豪州はバッファー付の自動連結器"

| | コメント (3)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »