« 浜大津付近の街並み散策 | トップページ | 近江鉄道1975年夏 »

2011/11/16

モデルカーのクリエーターたち

A visit to an exhibition of model cars scratchbuilt by craftsmen

00dsc05742

02dsc05710 大阪のINAXギャラリーで開催されていた「凝縮の美学 名車模型のモデラーたち 展」に行ってきました。

 掲示板の方に早くからご案内いただいたものの、閉幕間際となってしまいました。
 会場入り口に「撮影可能」とあったので、厚かましくもバチバチ撮ってきました。【画像はクリックで拡大します】

酒井文雄 SAKAI, Fumio

12dsc05803

Jaguar D Type Short Nose undecorated, 1/12
10dsc05741

Jaguar D Type Short Nose 1954, 1/12
14dsc05759

Porshe 356A Speedster 1955, 1/12
16dsc05758

高梨廣孝 TAKANASHI, Hirotaka

20dsc05808

Ducati 851, 1/9
22dsc05737

Brough Superior SS-100, 1/9
24dsc05739

斎藤勉 SAITO, Tsutomu

30dsc05810

Ferrari 512S Modulo 1970, 1/24
32dsc05723

34dsc05718

山田健二YAMADA, Kenji

40dsc05814

Ferrari F40 1987, 1/6
42dsc05712

Ferrari F40 1987, 1/6 project
44dsc05713

Ferrari 250 GTO, 1/6
44dsc05714

水野秀夫 MIZUNO, Hideo

50dsc05811

54dsc05716

56dsc05717

濱上晴市 HAMAGAMI, Seiichi

60dsc05809

Morgan Super Sports JAP 1934
63dsc05731

Bugatti T-37A 1925
64dsc05734

Bugatti T-59 1934
66dsc05778

Bentley Brooklands 1930
67dsc05780

Bentley LM 1928
68dsc05779

Bentley Speed Six Coupe 1930
69dsc05820

Gerald A. WINGROVE, England

Hispano Suiza H6C.8L 1924, Nieuport Tulip Type Wooden Body, 1/15
80dsc05750

82dsc05769

Alistair BROOKMAN, Australia

Ferrari F-500 F2 1952-53, 1/12
90dsc05754

94dsc05766

 カメラは手振れ防止機能付きのデジタルカメラといえども、薄暗い会場内のガラス越しで、かつ私の腕ですから、この程度です。照明はLEDだと思います。

 パネル展示も多く、作者自身のテキストは読み応えがあります。
 皆さんに共通している点は、実車の徹底的な取材と資料集めです。それがあるからこそ、構造を知り、機能を理解して、リアリティのある造形ができるのでしょう。
 それに数百、数千の部品を数か月間作り続ける精神力も同じです。

 このとき、ぱっと、目の前が開けました。
 同じ人間なのに、彼らと私が、どうしてこうも異なるのかを、理解できた感じがしたのです。

 ここですよね。
 前段階の実物調査は置いておいて、問題は私のモデルが完成しない点です。

 D51の除煙板をハンダ付け出来ない、とか、クモニ81の塗装に失敗した、として、投げ出して別のモデルに取り掛かる。

 また、パーツが一つできると、あと数十個を作らなければならないのに、飽きてしまう。

 仕事なら、目の前の懸案はその場で解決しなければならないので、ベストでなくてもベターで突き進むけれど、モデルは締め切りが無いので、最適解が見つかるまで除けておく。

 完璧主義者といえば聞こえが良いけれど、要は、壁にブツかったら逃げていただけじゃないですか。

 さあ、心を入れ換えて、私も仕掛品の山に‥‥(笑)

 大阪の展覧会は明日、17日(木)までですが、引き続き名古屋で開催される予定です。
 会場では、展示に関する案内書が販売されています。また、「工作の時代 『子供の科学』で大人になった」という本もありました。

|

« 浜大津付近の街並み散策 | トップページ | 近江鉄道1975年夏 »

建物、自動車etc.」カテゴリの記事

コメント

これはワークスKさんの、仕掛品撲滅にむけた宣言文でしょうか(笑)という突っ込みは置いておいて、この展示会は東京でもやっていたのですね。知っていたら行くところでしたが残念。

下のほうにある、Gerald A. WINGROVEという名前を久しぶりに見ました。以前自動車雑誌で紹介されたことがあり、その素晴らしさに息をのんだ記憶があります。設計、部品の製造、組み立て、塗装、写真の撮り方まで、すべてのプロセスにおいて「隙がない」という点が強く印象に残りました。同時に紹介されていた他のモデルカーのビルダーに比して群を抜いていると思いました。

今回検索してみたら、ご自身のサイトを発見しました。

上に書いたプロセスが克明に記録されていて、立派なワークショップの様子まで紹介されています。

Youbuteに投稿されているスライドショーもあります。手っ取り早く見るには、こちらのほうがよいかも。

>>ご紹介ありがとうございました。これらネット上に加えジェラルド・ウィングローブは、著作などによる情報発信に意を尽くされていますから、この世界に対する貢献度合いは計り知れないようです。また、2000年にエリザベス女王2世からSir(MBE)の称号を与えられたとのことです。【ワークスK】

投稿: northerns484 | 2011/11/20 10:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浜大津付近の街並み散策 | トップページ | 近江鉄道1975年夏 »