« アサーン40'ボックスカーの初期製品(3) | トップページ | ハイドラ・クッションはシルエット(2) »

2015/02/28

ハイドラ・クッションはシルエット(1)

Coupler-cushionizing projects, part 1: Hydra-Cushion for Athearn's 40' boxcar

50dsc01869

 ガラクタ一式を引き受けた中に、SPボックスカーが入っていた。サイドの文字は、同鉄道得意の「ハイドラ・クッション」。ただし、ウェザリング済。
 こりゃあ部品取り用かと思案していて、ひらめいた。それらしく仕上げられないだろうか? 簡単に‥‥。【画像はクリックで拡大】

 やることは2つ。
 1つは、床下の中央に垂直シリンダーを設けること。適当な太さの丸棒を切って接着すれば、あっという間に出来上がる。
 ブツはアサーン。ブルーボックスの定番、40フィート・スライディング・ドアだから、当方には標準工法(過去記事)。ブレーキ3点セットを左右反転させる必要があって、奥のオリジナルを手前のように改造する。垂直シリンダーは4mm径のプラ棒、といったって、残してあったランナーの切れ端。床板と魚骨フレームを別体としたのは、塗装の便。

31dscf3110

 参考としたのは、ディテールズ・ウエスト社のモデル(過去記事)。

21dsc01838 もう1つのやらなければいけないことは、カプラー・ポケットの飛び出し。これが「クッション」の外見的特徴。
 今回のアイデアは、ポケットに細身の#262(ケーディーサイト)を使って、その取付孔を車端一杯まで寄せれば、それらしく見えるはず。幅広の#242に較べて、ヘッドのごく近くまでカバーされてもいるから、出代がさらに長く見える。

30dscf3102

 取付位置は端から3mmとしてきた。これを、1.5mmまで縮める。M2のネジではこれが限界。

 で次は、奥がディテール・ウエスト製品(50フィート車)。

32dsc01843

 真ん中が改造の結果で、一番手前が標準品。見事に出っ張った‥‥。

21dsc01848

22dsc01841

10dsc01833

 うぅぅむ。自己満足過ぎるか。これでは誰も納得してくれそうにない。

 じゃあ、長めのポケットを作ろうというわけで、アサーンの魚骨フレームから切り出したポケットをプラ板で延長。

41dscf6173

 天地を反転して、薄軟鋼板のフタを上にしたところがミソ。これで、カプラー取付高さ11.5mmを確保でき、さらに、フタが外れ難くなる効果も期待できる(?)。

 こんどは、どうだ。

55dsc02042

56dsc02055

 少し出過ぎたかな。
 だって実物写真が見付からない。

 モデルの側面に書き込まれた"B-50-27"は型式名だろうというわけで、SPファンのサイトへ行ってみるが該当車番は無い。車番から追うと、40フィートで型式は"B-50-26"、元T&NO所属。RMC誌の1993年2、3月号に“深い”記事があるとのことだが、手持ちは無し。

 アサーンのバイブル"Standard Guide to  Athearn Model Trains"1998年刊には、次の写真。40フィート車と50フィート車が全く同じ車番"SP 127430"。なんじゃい、こりゃ。

60epson012

 他鉄道では40フィートのクッション車の存在が確認できる。サザン・パシフィックにもあったのだろうか。

 要は、このモデルのコレクション・カテゴリー。ファンタジー系のガラクタ・ボックスか、リアル系のカスケード・グリーン・フォーエバーの、どちらへ入れるかという悩み。そろそろ後者も増やさないと‥‥。

81dsc02044

82dsc02048

85dsc02052

 垂直シリンダー先端のポッチは、丸棒をノコギリで切ったときの最後の残り。面白そうなのでそのままとしておいたものの、実際はこのシリンダー、真ん中が凹んでいる。
 ハイドラ・クッションはシルエット。そう、シルエット・ロマンス。

【追記1】MR誌を検索して次の写真をヒット。1967年3月号p64。ハイキューブに改造された40フィート車との説明。垂直シリンダーがBエンド寄にオフセットしているようだ。
 車番が"SP 659027"だと、これか? 2015-02-28

Sp858027

【追記2】思い立って、床下の機器配置を変更してみた。如何か。
 ついでにカプラーポケットの出代を若干縮め、垂直シリンダー先端のポッチは削除した。2015-04-16

01dsc02720

01dsc02777

|

« アサーン40'ボックスカーの初期製品(3) | トップページ | ハイドラ・クッションはシルエット(2) »

アサーン40'ボックスカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アサーン40'ボックスカーの初期製品(3) | トップページ | ハイドラ・クッションはシルエット(2) »