« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015/03/18

テンビン棒式イコライザーをコネクリ回す

A nonsense talk about axle box mobilization of four-wheel vehicles and the Balance-pole Equalizer devised by Kobayashi, Yoshikazu

 TMS誌2015年3月号p88-91に発表された小林義和氏のテンビン棒式イコライザーが、ちまたで評判になっている。これを90度、捻ったらどうか、と思い付いた。

2jiku_yukaita2a

 写真は、40年以上前に売り出されたエーダイの2軸車の下まわり。赤線で示した位置に切り込みを入れたものを作ったことがある。要は、4つの軸箱を片持ち梁で弾性支持する形。軸受体と側梁のディテールが破綻無く繋がることを期待した。
 結果は、上下方向と左右方向の弾性のバランスが悪くてあえなく失敗。

続きを読む "テンビン棒式イコライザーをコネクリ回す"

| | コメント (1)

2015/03/15

ロンビック・イコライザーの機構学

How to implement the "Rhombic (rhomboidal) equalizer

 友人より一通のメールが届いた。いつも熱く議論し合う相手。いわゆる論敵。

 ロンビックの効果が、未だに分からん。動作が不明なわけでは無い。 「中点連結定理」などで説明している範囲では、基本は2点支持だと理解している。車体が安定するためには、最低もう1点必要だと思うわけだが、みなさん、どこにその1点が有ると考えて居られるのかが分からない。
 拝見した限りのモデルでは、どちらかに傾き切ったところで安定している。実質は3点支持に見えるのだが‥‥‥。
(一部改変)

 おおっ、いつになく殊勝。

続きを読む "ロンビック・イコライザーの機構学"

| | コメント (1)

2015/03/14

エアースライド・ホッパー(4)2ベイ車の増備

Reworking Walthers' models of GATC 4,180cu.ft. Airslide covered hopper car

10dsc02368

 ウォルサーズ社のカバード・ホッパー、エアースライド・2ベイ車を2両、増備した。理由は、手持ちのBNグリーン車の存在を際立たせるため、っていう見え透いた作り話。
 ネットオークションであまりの安さに応札しておいたら、たまたま落札できただけ。グレーのワンダー・ブレッド車が完成RTR品。キット時代は問題があったので、どうなっているのか、という興味。【画像はクリックで拡大】

続きを読む "エアースライド・ホッパー(4)2ベイ車の増備"

| | コメント (0)

2015/03/12

珠玉のミニ・ハイキューブ・ボックスカー(4)

Coupler-cushionizing projects, part 11: 40-foot High-Cube boxcars, manufactured by Bachmann

10dsc02301
イエローのUP車と、グリーンのBN車。カプラーポケットの厚さに注目。

 ガラクタとして転がり込んできた、バックマン社の40フィート・ハイキューブ・ボックスカー。
 弄っていたら、モールドの掘りが深いことに気が付いた。レタリングもシッカリしている。少し手を入れたら、我がコレクションに加えられるような気がしてきた。【画像はクリックで拡大】

続きを読む "珠玉のミニ・ハイキューブ・ボックスカー(4)"

| | コメント (0)

2015/03/11

珠玉のミニ・ハイキューブ・ボックスカー(3)

Coupler-cushionizing projects, part 10: 40-foot High-Cube boxcars, manufactured by Athearn

10dsc02276

 1950年代の末期に始り、1960年代には大きな拡大を見たクッション・カーは、ほとんどが50フィート以上の長さだった。その中で、ごく一部に40フィート車があった。それが車体断面を車両定規プレートF一杯まで広げたハイキューブ・ボックスカー。

 当工場でも4年前に6両を手掛けていていた。その中で、アサーン製の4両だけはクッション化が未了だった。
 今回、量産した自作ポケットをこの車両にも取り付けることとした。【画像はクリックで拡大】

続きを読む "珠玉のミニ・ハイキューブ・ボックスカー(3)"

| | コメント (1)

2015/03/10

アサーンの50'レールボックス・ボックスカー

Coupler-cushionizing projects, part 9: Building Cushion Coupler Pockets, for Athearn

53dsc02258

 クッション・カプラーへの交換は、アサーンも一緒。当工場では同製品の標準工法が確立していて、その応用。【画像はクリックで拡大】

続きを読む "アサーンの50'レールボックス・ボックスカー"

| | コメント (0)

2015/03/09

E&Cショップス50'ボックスカー

Coupler-cushionizing projects, part 8: Building Cushion Coupler Pockets, for E&C Shops

70dsc02239

 2両のモデルの裏に1998年と1999年の書き込みがある。実はその頃に発売元がE&CからLBFカンパニーに変わった。どちらかは定かでない。
 このスライド・ドアの立体感の無さでも判断できるように、けっして誉められた出来映えとはいえない。同製品で人気のあった石炭ゴンドラや航空機パーツ運搬車にしたところで、単に他社に無かったので売れただけ。【画像はクリックで拡大】

続きを読む "E&Cショップス50'ボックスカー"

| | コメント (0)

2015/03/08

MDCの50'ハイキューブ・ボックスカー(1)

Upgrading MDC/Roundhouse 50 foot hi-cube flat top box cars, single plug door, double plug door and waffle side plug door

 ハイキューブ車の貧弱浮彫床板もFMC車と同じように、車端を切断して交換。高さ車体との取り合いの関係で、プラ板は1.2mmを使った。【画像はクリックで拡大】

続きを読む "MDCの50'ハイキューブ・ボックスカー(1)"

| | コメント (0)

MDCの50’FMCボックスカー

Coupler-cushionizing projects, part 7: Building Cushion Coupler Pockets for MDC Roundhouse. The starting point is the Kadee's #242.---Roundhouse FMC 5077 cu.ft. plate B

10dsc02219

 上手く行ったのでウォルサーズのプラスチック製を注文しようと考えたが、なんか値段が高い。為替変動を含めたら、2倍の感じ。問題が多いのにどういうこっちゃ。

 で、自作することとした。ケーディー社の幅広ポケット(品番242)がポリスチレン製で、リモネン接着剤を用いれば丈夫なものが出来るはず。【画像はクリックで拡大】

続きを読む "MDCの50’FMCボックスカー"

| | コメント (2)

2015/03/05

ディテールズ・ウエストのカプラー・ポケット

Coupler-cushionizing projects, part 6: Details West's Cushion Car Coupler Pocket, and Bachmann's All-Door Boxcar.

25dsc02156

 ディテールズ・ウエストが販売するパーツは、ほとんどがソフトメタル。製造ロットが少ない場合に有効なんだろう。ただし、利用する側にすれば、強度や精度が心配。鋳肌面が平滑ではないという不満もある。
 かつて試しに取り寄せたのは、品番CC-1010、Cushion Coupler Pocket General 60' Freight Car。現在でも販売。これをどこかに利用できないかと考えた。【画像はクリックで拡大】

続きを読む "ディテールズ・ウエストのカプラー・ポケット"

| | コメント (1)

2015/03/04

ウォルサーズのカプラー・アダプター(1)

Coupler-cushionizing projects, part 5: Walthers' Cushion Car Coupler Pocket, and MDC Roundhouse boxcars

10dsc02150

 カプラーを単に出っ張らせるだけのために、床板全部を交換するなどとはモッタイ無い。
 まったくもって、道理。ウォルサーズから、それ用のアダプターが発売されていて、4両分でたったの6ドル98セント。実車がエンド・オブ・カー・クッションEOCCの場合は、その方が似合う。【画像はクリックで拡大】

続きを読む "ウォルサーズのカプラー・アダプター(1)"

| | コメント (0)

2015/03/03

1960年代のクッションカーに魅せられて

Coupler-cushionizing projects, part 4: Carside appeal design of 50' boxcars

10dsc02096

 鉄道産業が斜陽真っ只中の1960年代にあって、荷主を繋ぎとめようと各鉄道は必死でボックスカーに荷崩れ防止装置の導入を進めた。そして、車体側面にはキャッチフレーズを書き込んだ。それはさながら、1920-30年代に流行ったビルボード・リーファーの様相を呈した。【画像はクリックで拡大】

続きを読む "1960年代のクッションカーに魅せられて"

| | コメント (0)

2015/03/02

サンタフェはスーパー・ショック・コントロール

Coupler-cushionizing projects, part 3: Shock Control for Athearn's 50' boxcar

10dsc02081

 サザン・パシフィックSPがハイドラ・クッションなら、サンタフェAT&SFはスーパー・ショック・コントロール。

 ディテールズ・ウエスト社の別売床板は、ハイドラ・クッションの他に"エバンス20インチ・クッション"がある。突起が無いからどの車にも使える。【画像はクリックで拡大】

続きを読む "サンタフェはスーパー・ショック・コントロール"

| | コメント (0)

2015/03/01

ハイドラ・クッションはシルエット(2)

Coupler-cushionizing projects, part 2: Hydra-Cushion for Athearn's 50' boxcar

09dsc02089

 ハイドラ・クッションは他に2両を持っていたけれど、ともにキズモノ、というか、長い間、修理の目途が立たなかった。切っ掛けは、ほんの出来心。【画像はクリックで拡大】

続きを読む "ハイドラ・クッションはシルエット(2)"

| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »