« ディテールズ・ウエストのカプラー・ポケット | トップページ | MDCの50'ハイキューブ・ボックスカー(1) »

2015/03/08

MDCの50’FMCボックスカー

Coupler-cushionizing projects, part 7: Building Cushion Coupler Pockets for MDC Roundhouse. The starting point is the Kadee's #242.---Roundhouse FMC 5077 cu.ft. plate B

10dsc02219

 上手く行ったのでウォルサーズのプラスチック製を注文しようと考えたが、なんか値段が高い。為替変動を含めたら、2倍の感じ。問題が多いのにどういうこっちゃ。

 で、自作することとした。ケーディー社の幅広ポケット(品番242)がポリスチレン製で、リモネン接着剤を用いれば丈夫なものが出来るはず。【画像はクリックで拡大】

 実感からすると細身ポケット(品番262)を使いたい。ただ、材質がポリアセタールで、接着と塗装が面倒。

 プラ板は1.5mm厚を3枚重ねとする。上2枚がケーディー・ポケットの厚さで、下の一枚が添え板。ケーディー・ポケットはフタを上として、軸受を含む本体をプラ板と一体に固着する。カプラー自体はウィスカー型のみ。カプラー軸が下から生えているという理由。
 これも図面と写真を見てもらった方が早い。寸法は、ケーディー・ポケットの抜きテーパーに合わせて、微妙な取り合わせ。

Img020a

 次の写真のグリーンが、前々回に披露したウォルサーズ製パーツ利用。

21dscf6176

 手前の未塗装が、今回の自作。
 自作ポケットの取付面を出すために、床板下面を削っている。車体モールドの内法に較べて床板が短いので、両端に0.5mmのプラ板を接いでいる。モデルはMDCラウンドハウスのFMCボックスカー。ポケットは、小ネジ2本で床板に取付。
 フタは、パチンと填め込むだけ。本来の取付孔は、開いたまま。

 ところで、40フィート・ハイドラクッション車(過去記事)に、アサーンのポケットを改造して使ったけれど、左右の首振りが滑らかではない。内寸や軸径の精度が悪すぎる。

 ここでアイデア。1.5mm厚のプラ板にブラックを使えば、塗装の必要が無い。BN車は床板全体をどうせ、グリーンとする。

21dscf6187

 そして、床板のポケット取付面を平滑に削るのが大変。だったら、思い切って車端部を切り取り、新たにプラ板を継ぎ足したらいい。この厚さを適当に選べば、カプラー高さが自由自在。FMCシリーズは1mmを継ぎ足す。
 床板上面には、添え板として車体全長にわたる別のプラ板1.2mm厚を貼って、ウエイト鉄板貼付の便も図る。どや!

23dscf6126

 あっという間に出来上がり。

 ポケットの傾きや高さを出すために、その取付部を削って調整する。本来ならパーツを共通互換としておいて、別体のシムを加工したいところだが、なにせそれを挟む寸法が無い。

 次の写真の奥2両(CP、GTW車)は、表記が無いけれど、ネットを検索するとクッション付き。

25dsc02237b

 ところで、ここに落とし穴。
 パチンと填めただけのフタが外れ易い。カプラー本体をちょいと引っ掛けると、フタが飛ぶことがある。

 じゃあ、馴染みとなったばかりの超低頭小ネジはどうだろう。
 M2の4mm長だったらピッチ0.4mmで、有効ねじ長1mmに2山が掛かるだけ。ちょっと心許無い。1.5mm×3=4.5mmを貫く5mmが欲しい。というわけで、大阪日本橋のネジ専門店、ナニワに出掛けた。

 結果は前回記事、屋根裏親仁氏のコメントに添え書きした通り。ステンレス製という高級品を売ってはいたが、6本で370円。1本当たり61円もした。まあ、しばらくは23円の4mmを付けておいて、5mmが安価になったらまた買いに行こう。2袋12本だけ求めた。

 次の写真で、奥が当初の計画通りに、フタの孔が空いたまま。真ん中が八幡ねじ製4mm、手前がナニワで購入した5mm。両者は頭の形が少し異なる。

24dsc02227

 FMCシリーズの発売開始は1981年で、その3月号p32の広告。このコンビネーション・ドア車の外形図はCar and Locomotive Cyclopedia 1984年版p102にあって、過去記事で引用。

Mr198103p32

 モデルは"Cascade Green Forever"に展示

【追記】このモデルのプロトタイプは、FMCのプレートB、5077cu.ft.の初期車で、車体幅がスケールより2mmほど広過ぎる(The Atlas Rescue Forum)という。シングル・スライディング・ドア車はレールボックスとして発売(MR誌1980年5月号p110に製品ニュース)。
 記事名を変更すると共に、50フィート・ハイキューブ車を別記事に切り分けた。2016-12-12

|

« ディテールズ・ウエストのカプラー・ポケット | トップページ | MDCの50'ハイキューブ・ボックスカー(1) »

MDCバスター」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しています

ケーディーの9番だと、ねじ穴が小さくてカプラーポケットにM2のタップだたてれるので都合がよいのでは
うちではアサーンディーゼルのカプラーによく使っていました、フレーム側からカプラーポケットをネジ止めする事ができるので

問題は9番がまだ売っているかですが…

>>なんほど、これ、そういう使い方をするのですか。#5との違いが判りませんでした。まだ発売中です(ウォルサーズ・サイト)【ワークスK】

投稿: あさもと | 2015/03/08 23:29

> これ、そういう使い方をするのですか。
そうか、あれはカプラーのふた (KD の言い方では draft gear top) の穴が小さいだけではなく、ポケット (KD の言い方では draft gear bottom) の穴も小さかったんだ...
広告(HOseeker.net)のような説明を覚えてたから、下からセルフタップで通すとしか考えてなかった。そういえば、これだけはカプラーポケットが別に売っていないんですよね。

>>そう、このポケットが欲しい! それもスナップインで【ワークスK】

投稿: 稲葉 清高 | 2015/03/14 13:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ディテールズ・ウエストのカプラー・ポケット | トップページ | MDCの50'ハイキューブ・ボックスカー(1) »