« 1960年代のクッションカーに魅せられて | トップページ | ディテールズ・ウエストのカプラー・ポケット »

2015/03/04

ウォルサーズのカプラー・アダプター(1)

Coupler-cushionizing projects, part 5: Walthers' Cushion Car Coupler Pocket, and MDC Roundhouse boxcars

10dsc02150

 カプラーを単に出っ張らせるだけのために、床板全部を交換するなどとはモッタイ無い。
 まったくもって、道理。ウォルサーズから、それ用のアダプターが発売されていて、4両分でたったの6ドル98セント。実車がエンド・オブ・カー・クッションEOCCの場合は、その方が似合う。【画像はクリックで拡大】

 これがそれ(品番433-1030)。 写っているのは2.5両分。

21dsc01979

Walthersadaptor 実は当方にトラウマ。
 アメリカ型を始めたとき、雑誌を参考に勇んで買った。1990年代中頃は3.49ドルだった。
 少し考えると理解いただけるが、水平というか、カプラー高さの精度を出すのがスコぶる難しい。説明書は絵に描いたモチ。パーツに貼付されたカラー写真のUP車だって傾いている。

 加工した1両は、MDCラウンドハウスの50フィート・ボックスカー、FMC double-door。片方は簡単に上手くいったものの、もう片方は、とんでもなく世話が焼けた。次の写真は、ポケットの両脇にノコギリの切れ込みが入っている。そして、ポケットの尻に2本のナベ小ネジ頭。実はこれでポケットを上下に首を振らせている。

22dsc02153

 車体妻下部のポケットとの競合部分を削ったり、側板内面の床板ストッパーを工夫したりと、考えられないような手も加えた。ちなみに、床板下面のリブを削り取っているのは、36インチ車輪を使おうとした結果。今はもう、そんな無謀なチャレンジはしない。

 その後、ポケットを種々買ってみたけれど、これは! というものにはお目にかかれていない。

 パーツ・ボックスを引っくり返していたら、ウォルサーズの使い残りも出てきた。
 弄っていて、ひらめいた。両端を同時に水平とする治具はどうだろうか。
 5mm角の黄銅棒を持ち出して、それに3mm厚のプラ板を2つ接着。そこにポケット・アダプターを輪ゴムで固定。さらにその間に床板を載せる。アダプターと床板との接合部に接着剤を流す。
 さすれば、アダプターが“水平”に取り付けられる。どや!

31dscf6063

 接着剤には強度のでるリモネン。床板がオモリ付だから、接合面は接着中にずっと押し付けられている。輪ゴムでレール方向に気持ち、圧力を掛ける。床板のネジレ(=ローリング方向)には注意。
 一晩おいたら、アダプターと床板とに一体感。治具が1つで3両分なので、3晩かかったことになる。

 アダプターのフタはネジ止めに加工。フタの添え板として1.5mm厚のプラ板。ゴチャゴチャ言葉で書くより、写真。添え板は、強度アップと、見映えを狙っている。冒頭の写真を見ると、製品のままのブラウンの方は薄くて貧弱。巨大な牽引力が伝わりそうだという感じがしない。

32dscf6066

 カプラー軸となる小ネジはM2×3で、添え板の厚さで頭を隠す。ポケット上面には小ネジの先がツライチで出ている算段。次の状態で塗装。

33dscf6081

 そして、カプラー自体を組み込む。次の、上が新しいウィスカー型(#148など)で、下が古い板バネ型(#5など)。

34dscf6084

 板バネ型は、その動きを妨げないように尻部を削る。これ、オートキャリアーと一緒(過去記事)。ウォルサーズは懲りるという言葉を知らない。
 このパーツの発売開始は1985年。MR誌の製品紹介は1986年2月号。説明書によれば、ACF Freight Saverのモデル。

 モデルはこれもMDCラウンドハウスの50フィート・ボックスカー、FMC plug-doorで、ミネソタ・ダコタ&ウエスタンが3両。問題は、これが皆同じ車番という点。MD&Wのデカールを何枚か入手したものの、書体の合うものが無い。どうしよう。

40dsc02138

 ダークグリーンのシアトル&ノース・コーストを買った切っ掛けは、TMS誌1989年9月号の田村谷宏氏の記事。BNへ移籍されていたからだったが、改番の意欲は失せている。

Tms198909p75

 4年後の"とれいん"誌1993年10月号には、同じ方が岡田宏の名前で同様の解説をしていて、この2つがボックスカー改造記事の雑誌に載った稀有な事例。20年前くらいから何度も読み直しているけれど、"FRP"がFront Range Productsのことだと判るのに数年、"DF2"がエバンス社のブランドだと知るのに十数年、"IPDプログラム"なんて今でも何のことやら。
 ボックスカーモデリングは、我が国の雑誌には向かない。

SNCT 1207, Seattle & North Coast

MDW 8091, Minnesota Dakota & Western

【追記】このアダプターをアキュレール製に取り付けたところ、とんでもない“効能”?に右往左往。続編を乞う御高覧。2015-09-08

|

« 1960年代のクッションカーに魅せられて | トップページ | ディテールズ・ウエストのカプラー・ポケット »

MDCバスター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1960年代のクッションカーに魅せられて | トップページ | ディテールズ・ウエストのカプラー・ポケット »