« アサーンのメカニカル・リーファー(1) | トップページ | MDCのダイキャスト床板付50'ボックスカー »

2015/08/31

アサーンのメカニカル・リーファー(2)

Coupler-cushionizing projects, part 15: 50 foot mechanical reefers manufactured by Athearn

Cdsc07173b

 メカニカル・リーファーの積み荷は概ね段ボール箱入りだから当然、車内には荷崩れ防止のローディング・デバイスを装備。さらにカプラーはクッション化されている。中にはこのサザン鉄道SRの様に「スーパー・クッション・サービス」などと謳うものもある。グレート・ノーザンGNの車番を調べたらハイドラ・クッション付だったので、一緒に加工してみた。【画像はクリックで拡大】

 もちろん、リーファーといったところでモデルはボックスカーと同じ。既にお伝えしている方法で簡単に出来てしまう。床板に燃料タンクがブラ下がっているだけ。
 次の一番奥が製品オリジナル。機器配置の左右が例によって間違っている。

21dsc06460

 真ん中がGN車で、ハイドラ・クッションを想定し中央に垂直シリンダーを加えた。ブレーキ3点セットは、実車写真をにらんで適当に配置換え。魚骨フレームのブレーキテコ・モールドは、垂直シリンダーに支障するので削除。

 そして手前がSOU車。ちょっとした出来心で、アキュレールのポリアセタール製ブレーキ・リギング(品番180 Underframe Brake Rod Set)を取り付けてみた(過去記事)。そう、サイドビューでいったら、冷凍機寄が燃料タンクで隠れるから、残りに40フィート車用を取り付けても不自然は無い。ただし、燃料タンクと台車との間が繋がっていない。
 なお、赤文字で示した取付穴は、0.8mmの方がスンナリ入って、簡単には抜けない。

83dsc07805

 GN車の中央のステップが折れていたので、このアキュレールのモールドに含まれているパーツを取り付けた。蛇足ながら、ステップの垂直部分が斜めになっている理由は何だろう。2段になっていることと共に、昔から疑問。それに手スリが無いから昇るに昇れない。

WFCX 8813, Western Fruit Express/GN

Bdsc05822

 このモデルだけ側面に縦リブが入る。メーカーがいうところのoutside bracedスタイル。今となっては、ボックスカーと一緒で、エクステリア・ポストexterior postの方がシックリ。1960年代後半から普及して、リーファーは車体長57フィート以上が普通。実車のWFCX 8800-8979も、車内長が50フィートで、車体長は56フィート8・5/16インチ。実は、Car Builders' Cyclopedia 1970年版p140に、まさしく当該形式の図が掲っている。
 まあ、そんなことに目くじらを立てていては、ブルーボックス・モデラーは務まらない。

 呆れるチョンボは次の写真。左のSOU車(リベットサイド)が正しくて、こちらがAエンド。右のWFEX/GN車は、なんと冷凍機室がBエンド=ハンドブレーキ寄に設置されている。ここ2年ばかり注意しているけれど、こんな実例にはお目にかかれていない。

Adsc07182

SOU 938, Southern Railway

31dsc04083

21dsc04013

 サザン鉄道は1960年代、"Super Cushion Service"を標榜。これは頭に"Refrigerated"を付けている。

 ところでここのリポーティングマークは"SOU"なのだけれど、1970年頃までこの側面の様に書いた。妻面は"SOU"となっているものの、実車例(RR Picture Archives)の"SOUTHERN"がほとんど。AARの規則では、アルファベット2文字以上4文字以下だから、おかしい。
 それと、どうして"SR"を採用しなかったのか。S氏は、「イギリスの同名鉄道に義理立て」との説だったものの、アメリカの方が成立が古い。

 ベブベルBev-Belというサード・パーティの製品。

TLDX 37, Libby's Famous Foods

11dsc04054

21dsc04012

 こちらは、1965年に売り出された最初の5種類の一つ。他はPFE(SPとUPの子会社)、NYMX(同NYC)、NPM(同NP)、SFRD(同AT&SF)と、そうそうたるラインナップ。ちなみに、モデルはPFEのR-50-6クラス(300713-301212)と同じ設計(Tony Cook氏サイト)。次はMR誌1965年9月号p9の一頁大広告にイエローでマーキング。

Mr196509p9d

 大所に伍して発売された理由は、TLDX。すなわち"Transport Leasing, a Division of Pullman"、プルマン社のリース部門ということ。所属する貨車の中でピカイチのスキームだったのだろう。
 リビーズLibby'sは現在、ネスレ社の一ブランドで、パンプキンパイ用のカボチャ缶詰を扱っている(Nestle USAサイト)。"Hydroframe 60"はPS社のEOCC(end of car cushion)。ドア左の"LD"は隔壁型荷崩れ防止装置ロード・ディバイダーLoad Dividerで、たぶんEquipcoのブランド。
 以上は推測。

 実車の写真を探すと、プルマン・スタンダードのカラー本に次のメーカー公式写真があった。レンズの歪や明るさを弄っている。

Tldx_35
quoted from "Pullman-Standard Color Guide to Freight Equipment, The Decade of Color: 1960-1970"

 意外にも、水色ボディにメタリック・ドア。
 インシュレーテッド・ボックスカーで、レタリングの"LD"を"DFB"とした他は全て一緒。車番はTLDX 35-39の5両といい、アサーンの37を含んでいる。この35の奥に同色の36が写り込んでいるから、5両とも同じと考えるのが妥当。新造は1963年8月と、モデル発売の2年前。

 ネットで水色スキームのHO製品を探すと、E&Cショップスが出していた。Nではマイクロ・トレインズ、Oはアトラス。
 一方、アサーンと同じ黄色は、HOでAHM、Lima、PMI(耳慣れないメーカー名)。

 うぅぅむ。
 たぶん、アサーンは実車のレタリング図案を基にしている。その証拠の一つがメカニカル・リーファーとしてしまったこと。インシュレーテッド・ボックスカー=保冷車をリーファーと呼ぶ知識が無かったのではなかろうか。前回のBREX車の例もある。
 そして担当者が実車通りのカラーリングで社長に見せた。反応は「リビーズならカボチャやろ。水色なんて売れへん。黄色にせえ」となった。大衆のイメージどおりだから販売は順調。1994年にも、ありえないTLDX 45をリリース。
 全米で5両しか走っていないものだから誰も見たことが無くて、他社も追随。PSカラー本が出版されて、みんなビックリ。

 以上は邪推(笑)

【追記】"PMI"についての情報がTony Cook氏のHO-Scale Trains Resourceにあった。正式名称は"Precision Model Inc."で、モデル・パワー社のブランドとのこと。アメリカ型鉄道模型大辞典に項目を立てておいた。黄色のリビーズの3メーカーは同一製品ということになる。次はLIMAの箱に入った一品で、"HYDROFRAME SO"や、ローディング・デバイス表示が情けない。2015-09-01

Lima_libbys2

|

« アサーンのメカニカル・リーファー(1) | トップページ | MDCのダイキャスト床板付50'ボックスカー »

リーファー百花繚乱」カテゴリの記事

コメント

サザンのレポーティングマーク、SRだと1832年設立で今も健在なStrasburg Rail Road (SRC)と紛らわしいから、というのはどうでしょう。Southern Railway in Mississippi (1894年設立・SRRM)なんていう鉄道もあったようです。

貨車に表記するにあたって、車籍簿通りのレポーティングマークではNSやAEG、CGなど色々あり過ぎてややこしいから、というのはどうでしょう。これらは側面右上隅に小さく表記してあります(このリンク先画像を参照ください)。

2段ステップ、確かに不思議ですね。荷物車にも似たものが付いているものがあります。荷車が貨車の床下に潜ってしまわないように、かな?

>>御高説痛み入ります。なるほど、いろいろ考えられるのですね。【ワークスK】

投稿: arx | 2015/08/31 14:39

Reporting Markとは何か?、は良く知られているが、その歴史や実態は、必ずしもよく判っていないような気がする。実物ファンは、お気に入りの鉄道は関心があるが、横断的に全ての鉄道に関係するようなことは、気にしないと云うこともあろう。こう云うのを気にするのは、むしろ模型ファンだろう。AARが貨車のレタリング標準化に乗り出したのは、何と百年以上も前の1901年のことだと言う。今はどうか知らないが、少なくとも第2時大戦直後までは、このルール(標準)に強制力はなく、皆の為になるんだから、守ろうよ!、と云うものだったそうな。Reporting Markは、AARが各鉄道に割り当てたもので、其々の鉄道の意向を反映したものではなかったようだ。

その為、割り当てられたReporting Markを使わない会社もあったらしい。どこだ、SOUTHERNだ!。いや、それだけではないらしい。外に、ERIE、ALTONなどが逆らったとか。ペンジーも、フルネームで記すのを好んだと云う。こんな話を私がよく知っている筈はない。ネタ元を紹介しておこう。“Freight Car DESIGN MANUAL for Model Railroaders”と云う古い本。著者は、Wm. K. Walthersで、1946年の出版。Walthersって、あのワルサーズ?。そうだから言ったでしょう、こう云うことを気にするのは、模型ファンだって。

>>そういうことなら合点がいきます。ACIラベルやAEIタグを用いる前は肉眼で読み取っていたわけで、融通が利いたはず。こりゃあ大辞典を書き直さないと……(笑)【ワークスK】

投稿: 宮崎 繁幹 | 2015/09/01 22:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アサーンのメカニカル・リーファー(1) | トップページ | MDCのダイキャスト床板付50'ボックスカー »