« MDCの36'ウッドリーファー(2) | トップページ

2021/03/28

スカイトップ展望車の水上レストラン◆高田寛氏のお便り

The floating restaurant in Detroit, Michigan was the ex-Skytop Observation cars of the Milwaukee Road. Hiroshi Takada visited there on July 26, 1991

01img907b

高田寛氏に写真を送っていただいた。一目でわかる通り、ミルウォーキー・ロードが誇ったスカイトップ・ラウンジが水上レストランとなっている。しかも2両。場所はデトロイトで、1991年7月の訪問だという。【画像はクリックで拡大】

02img912.jpg
残念ながらテールエンドの装飾は失っている。

03img910.jpg
サイドのㇾタリンは健在。岸壁側の車体には"Gold Creek"。

04img908.jpg
レストランの入り口。

05img910.jpg
あこがれのスカイトップ・ラウンジ。解放感が半端ではない。

6img909.jpg
氏曰く「レストラン・バーのフオステス」。スカートの丈が短すぎるようだが、この時代の風潮だったのだろう。

7img911.jpg
対岸はカナダのウインザーWindsor。

カラーコピーなので解像度も色調もイマイチだけれど、我々が楽しむには十分だろう。おっと、ビネッティングの修正を忘れている。

さて、現状はどうかと検索したら、とんでもないことが判った。なんと、この2両は船もろとも川に沈んだという。冒頭の写真で船尾に書かれている名前が"Lansdowne"。ウィキペディア英語版によると、このランズドーンは、1884年に建造された外輪船で、ミシガン州デトロイトと、カナダ・オンタリオ州ウインザーを結ぶ鉄道フェリーだった。1956年の退役後はバージとして使われた。1981年にダウンタウン・デトロイトのハートプラザの東に係留され、デッキ上にスカイトップ展望車2両を載せて水上レストランとなった。
 1999年にペンシルベニア州エリーへ曳航されて、リバーフロント・レストランにするべく船と客車が改装されたが、2005年に沈没してしまった。翌年、ニューヨーク州バッファローへ移されたものの、2008年にふたたび浸水。レストラン経営者の死もあって、客車2両はミネソタ州モンテビデオの博物館に引き取られ、船は2009年に解体された‥‥という解釈でいいのかな。

で、その博物館というのがMilwaukee Road Heritage Center(official website)。ここにバラバラとなった2両が転がっている。1両は前述のとおり"Gold Creek"で、もう1両は"Arrow Creek"だという。ネットにはシリーズの詳細な解説(TrainWeb.org)と、廃車後を追跡したサイトもある(TrainWeb.org)。10両のその後は波乱万丈で、氏はよいときに巡り合ったといえるかもしれない。

掲示板では、宮崎繁幹さんが真上からの眺めを2010年に披露してくださった(第2次掲示板)。

模型は、Nゲージがカトー(広告)で、HOがウォルサーズ。ご興味をお持ちの方は既に入手済のことだろう。

|

« MDCの36'ウッドリーファー(2) | トップページ

流線形ホリック」カテゴリの記事

北米鉄道巡り」カテゴリの記事

客車も楽し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MDCの36'ウッドリーファー(2) | トップページ