2017/05/01

アサーンRTRの40フィート・ボックスカー(2)

Introducing changes of Athearn Ready-To-Roll boxcar models

11dsc09653

 古いブルーボックスばかりをずっとイジっているのだけれど、このところ発売されるRTR=レディ・ツー・ロールがあちこち異なることに気が付いた。スライドドアの固定など、いくつか違う。で、特価品を注文してみた。【画像はクリックで拡大】

続きを読む "アサーンRTRの40フィート・ボックスカー(2)"

| | コメント (0)

2017/04/15

アサーンの40'グレイン・ボックスカー

Coupler-cushionizing projects, part 20: Reworking of Athearn 40-foot grain loading boxcars, 1 Roundhouse new model and 4 Blue-Box second-hand models

11dsc08604

 アサーン社は2015年7月にブランドを再編して、"Ready-To-Roll"の一部を"Roundhouse"へ移した。それらはブルーボックスと呼ばれる昔の看板製品だったから、競合していたMDC社のブランドでは違和感を覚えたものだった(高級路線がジェネシスGenesis、普及路線がRTR=Ready-To-Roll、前世紀レベル路線がRoundhouseといったところ。掲示板

 そんなこともあって、新しいラウンドハウスを手にするまでに2年が経過した。それがこの40フィート穀物用ボックスカー。真ん中のプラグドア上部に投入口が2つ付いている。【画像はクリックで拡大】

続きを読む "アサーンの40'グレイン・ボックスカー"

| | コメント (0)

2015/11/25

アサーンRTRの40フィート・ボックスカー(1)

Improving  a 40-foot boxcar of the Athearn's Ready-To-Roll brand

01dsc08727

 先日引き受けた山の中に入っていたモデルが、このアサーンRTR完成品。台車にアライド・フルクッションを履いたエクスプレス・ボックスカーというのだから、旅客列車に併結され、なおかつ1940年から1955年までしか適合しない。もちろん、当方の守備範囲を完全に外している。
 まあ、話のネタということで……(上下の写真は改造済)。【画像はクリックで拡大】

続きを読む "アサーンRTRの40フィート・ボックスカー(1)"

| | コメント (0)

2015/03/11

珠玉のミニ・ハイキューブ・ボックスカー(3)

Coupler-cushionizing projects, part 10: 40-foot High-Cube boxcars, manufactured by Athearn

10dsc02276

 1950年代の末期に始り、1960年代には大きな拡大を見たクッション・カーは、ほとんどが50フィート以上の長さだった。その中で、ごく一部に40フィート車があった。それが車体断面を車両定規プレートF一杯まで広げたハイキューブ・ボックスカー。

 当工場でも4年前に6両を手掛けていていた。その中で、アサーン製の4両だけはクッション化が未了だった。
 今回、量産した自作ポケットをこの車両にも取り付けることとした。【画像はクリックで拡大】

続きを読む "珠玉のミニ・ハイキューブ・ボックスカー(3)"

| | コメント (1)

2015/02/28

ハイドラ・クッションはシルエット(1)

Coupler-cushionizing projects, part 1: Hydra-Cushion for Athearn's 40' boxcar

50dsc01869

 ガラクタ一式を引き受けた中に、SPボックスカーが入っていた。サイドの文字は、同鉄道得意の「ハイドラ・クッション」。ただし、ウェザリング済。
 こりゃあ部品取り用かと思案していて、ひらめいた。それらしく仕上げられないだろうか? 簡単に‥‥。【画像はクリックで拡大】

続きを読む "ハイドラ・クッションはシルエット(1)"

| | コメント (0)

2015/02/27

アサーン40'ボックスカーの初期製品(3)

Athearn's 40' slide-door boxcars, early-production part 3: An unassembled kit and diplomatics

30dsc02023

 キット状態のままのモデルを頂戴した。伝説のイエローボックス。もう一箱は40フィート・スチール・リーファー。
 AMTK223氏は「1986年頃にロサンゼルスの模型屋。安かった」と言われるが、それは比較の対象による。【画像はクリックで拡大】

続きを読む "アサーン40'ボックスカーの初期製品(3)"

| | コメント (3)

2015/02/16

アサーン40'ボックスカーの初期製品(1)

Athearn's 40' slide-door boxcars, early-production part 1: Observation of actual products

90athearn999

 アサーンの40フィート・ボックスカーといえばロングセラーで、アメリカ型の定番だったから、皆さんの中にもお持ちの方がおられるはず。
 この製品、なんと50年以上も前となる1957年の発売開始。ただ、最初の頃の構造が後年とは異なっていて、かつてはコレクターが血眼になって探していた。

 まあ、ここへきて必要とする連中には行き渡ったということなのだろう。手頃な価格というか、不完全なブツは見向きもされなくなってきた。興味があったので、オークションに入札しておいたら、落ちてしまった。6両が送料込みで50ドルほど。【画像はクリックで拡大】

続きを読む "アサーン40'ボックスカーの初期製品(1)"

| | コメント (1)

2013/09/08

アサーン40'ボックスカーの床板交換

Repracing the underfloors of Athearn's 40' steel boxcars to Accurail's ones

 いろいろとキットの使い回しをしているものだから、アサーンの床下が数両分足らなくなってきた。
 で、これだけ売っていないかと探したら、Accurail社の直接販売サイトにあった。出来映えはアサーンとは月とスッポン。弄るのは、例によってガラクタ。【画像はクリックで拡大】

10dsc07828

続きを読む "アサーン40'ボックスカーの床板交換"

| | コメント (2)

2011/07/04

珠玉のミニ・ハイキューブ・ボックスカー(1)

Modifying Athearn's Mini High-Cube boxcars in HO gauge

18dsc04088

 このところ手持ちモデルのチェックに余念のないワークスKでは、40フィート・ハイキューブ・ボックスカーを持ち出してきました。
 40フィートと極端に短いながら背が高く、コケティッシュな魅力を持つ貨車です。「ハイキューブ」といえば、とてつもなく長い86フィート(26m級)が知られていますが、同じく5mを超える車高で、半分以下の40'(12m級)もあるのです。【画像はクリックで拡大します】
28dsc04108

続きを読む "珠玉のミニ・ハイキューブ・ボックスカー(1)"

| | コメント (0)

2004/08/01

アサーン40'ボックスカー組立法の決定版

Back Issue No.71, Oct. 29, 2001, re-edited Feb. 18, 2010
Correct installation of Kadee couplers to the Athearn's 40' boxcars of Blue Box brand

 檜山和明氏による10月23日号(Vol.69)の、製品のポケット部分を切り取って、ポケットごと#5に交換したという報告を読んでいて、アイデアを一つ、思いつきました。【決定版などと不遜な題名に書き換えたことをお許しください。まあ、私の中ではということで‥‥2013-09-06】

CB&Q 61417, Burlington Route R.P.I. Award Winner 1966
モデルはHOガラクタ・ボックスに展示

【アサーン青箱キットは元来、カプラーがNMRAホーンフック・タイプで設計されているので、ケーディーとしたときの高さが低めになります。また、次の写真でお判りいただけるように、カプラーが取り付けられている魚骨モールドが変形しやすく、上下の寸法が不安定です。
 それで、ナックルが上付きの#27を使ってきたものの、完全ではありませんでした

5dsc04081

続きを読む "アサーン40'ボックスカー組立法の決定版 "

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

13mmゲージJM | JAMコンベンション | JORC関西 | JR京都線・奈良線・山陰線 | JR湖西線・琵琶湖線・草津線 | JR神戸線・環状線・きのくに線 | MDCバスター | Oゲージ三昧 | UPファン日記 | ちょっとしたヒント | よしなし事 | アサーン40'ボックスカー | アサーン50'ボックスカー | アサーン・フリーク | アンケート | イコライザー | イベント報告 | オートキャリアー | カバードホッパー万歳 | カプラーの不思議 | カリフォルニア州鉄道博物館 | セクシー・タンクカー | ダブルスリップなど分岐器 | トロリー天国 | ナローも大好き | ビッグ・スケール | ビデオ案内 | フラットカーは積荷命 | ブラスのキラメキ | ボックスカー・アトランダム | メディア情報 | リーファー百花繚乱 | レイアウト案内 | 中国・四国・九州 | 京阪の沿線 | 京阪の車両 | 北米鉄道巡り | 南海電鉄 | 博物館案内 | 叡山電車 | 和洋のモデル本 | 国内鉄道巡り | 国鉄技師訪米記 | 客車も楽し | 建物、自動車etc. | 新旧製品探訪 | 新製品情報 | 日本型2軸貨車 | 日本型ボギー貨車 | 日本型客車・電車 | 日本型機関車 | 日本型貨車製品資料 | 日本語写真集賞賛 | 日本語本やぶにらみ | 東海・関東・東北・北海道 | 模型店めぐり | 洋書は写真だけ | 流線形ホリック | 福井・石川・富山 | 緩和曲線 | 老年の主張 戯言 | 貨車用台車探求 | 路面電車大プロジェクト | 車輪の問題 | 車輪・台車のABC | 軌条のクウロン | 近江鉄道 | 近畿日本鉄道 | 鉄道の電気技術 | 鉄道マメ知識 | 長野・新潟 | 関西OJ運転会 | 関西公営中小等 | 関西合運 | 阪急電鉄 | 阪神電鉄 | 魅惑の欧亜豪