2011/03/25

RMC誌2011年4月号にOMI、LMBとスクラッチ

Review of the Railroad Model Craftsman's issue of April 2011

 昨日届いたレールロード・モデル・クラフツマン誌2011年4月号は、興味深い中身が目白押しでした。

Img042

Rmc1104f まず最初は、C&NWがF3Bを流用して仕立てたスラグ・ユニットを、素材から自作したモデルの記事です。
 屋根の丸みをプラスチック板の積層から削り出し、リベットは黄銅線を一本一本埋め込むなどという大技が繰り出されています。【画像はクリックで拡大します】

続きを読む "RMC誌2011年4月号にOMI、LMBとスクラッチ"

| | コメント (0)

2009/03/27

童話の「ちいさいきかんしゃ」はアトラン

I looked at some railroad picture books at a bookstore. I liked in particular The Little Train written by Lois Lenski..

 琵琶湖から瀬田川に流れ出す首根っこのところにイオンモール草津というショッピングセンターが出来て3ヶ月が経ちました。暇があったので入ってみると、書店の絵本コーナーが充実しています。
 と、アメリカ型の蒸気機関車が目に入りました。

 題名は「ちいさなきかんしゃ」、著者はロイス・レンスキーという方で、オリジナル版の出版は1940年、福音館書店の日本語版も71年という大昔です。
 展開は、蒸気機関車がラウンドハウスから出て水と石炭を積み、始発駅から終点までの機関士を中心とした単純なストーリーです。追い越していく流線型「あおいいなずまごう」がM10000、シティ・オブ・サライナそっくりだったり、腕木式信号機が上向き3位式(当ブログ2006-10-15参照)だったりと、知っている者にはそれなりに面白いところがありました。
 主役の蒸機はアトランティック4-4-2で、ボイラーの太さや煙突の長さからしてイメージは間違いなくペンシルベニア鉄道のE6sです。

続きを読む "童話の「ちいさいきかんしゃ」はアトラン"

| | コメント (3)

2009/03/23

PMバークシャー2-8-4は謎だらけ

In the April issue of the Train Magazine published in Japan, Mr. Yoshitaka Matsuo wrote an article about finishing Bachmann's PM 1225 Berkshire. I wonder why Proto 2000 didn't produce the same number.

T0304818  最新のとれいん誌4月号を入手しました。アメリカ型では、佐々木也寸志氏のアムトラック・カリフォルニアゼファーと、松尾彦孝氏のペア・マーケット鉄道蒸気機関車という、いずれも実物と模型とを組み合わせた興味深い記事が載っています。

 私が意外だったのは後者のバークシャー、2-8-4がバックマン製だということです。MR誌昨年10月号の製品紹介は、数年前に発売されたプロト2000の単なる番号違いとばかり思い込んでいましたから、これが別物のバックマンだという記述にはビックリしました。
 中型の貨物用機で、どちらかといえばマニアックな型式なのに、偶然重なったのではなくて、完全な後追いで競作したのですから恐れ入谷の鬼子母神です。値段を半分以下に安く設定していて、"売れる"と踏んでいるのでしょうが、アメリカの市場の大きさを思い知らされた思いです。
 MR誌の製品紹介はプロト2000オリジナルが2004年3月号で、それを引き継いだウォールサーズ・バージョンが2007年1月号でした。

続きを読む "PMバークシャー2-8-4は謎だらけ"

| | コメント (4)

2009/01/22

TMS誌2月号にOゲージのビッグボーイ

A criticism of the article about Mr. Kimpei Sofue's masterpiece O scale Bigboys, carried by the Hobby of Model Railroading (Tetsudo-Mokei-Shumi), a Japanese magazine. (Bigboy, big boy)

Tmsbigboy

 久しぶりに鉄道模型趣味を買いました。2009年2月号です。
 同誌はアメリカ型には縁遠いことが多いものの「メディアチェック」のページは要チェックで、書店に寄る機会があれば必ず立ち読みさせていただいています。
 昨日もそのつもりだったのですが、この号は思わず買ってしまいました。OスケールのUP蒸機4-8-8-4、それも日本で作られた最高峰のブラスとも言われる祖父江製作所製のモデルが出ていたからです。【上の画像はクリックで拡大します】

続きを読む "TMS誌2月号にOゲージのビッグボーイ"

| | コメント (3)

2008/12/27

レベル社の"動く"鉄道模型

32302 自動車で通勤をしていて滅多に書店には立ち寄ることが無いので、偶に訪れると今浦島的な事実に出くわすことがあります。今日も正にそれで、新しい雑誌を発見しました。
 モデルアート誌増刊の「鉄道模型スペシャル」といい、既に「No.3」だというのです。(ちなみに既刊は「No.1」、「No.2」)

 で、立ち読みして驚いた記事は、1956年頃にアメリカで発売されたというRevell社のトレイン・セットの13頁に渡る詳細な紹介です。
 もちろんプラスチック製で、塗装されたF7やSW7という動力付機関車と、数種類の貨車が市販されていたというのです。

続きを読む "レベル社の"動く"鉄道模型"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/06/17

ウォーボンネットのザ・ツインズ

 Extra 2200 Southという季刊誌が届きました。第130号、2007年4月号です。私が定期購読している唯一の実物誌で、機関車の新造とか、譲渡、廃車の状況を事細かに報じられているものの、文字が多いので全56頁と薄い中身は飛ばし気味に読むのが常です。

 ただし、この号は古い機関車の記事で、サンタフェの旅客用ディーゼル機の特集に目が留まりました。ATSFの第11回目。ただし、旅客用のFユニットは第8回で出たので、今回はそれを除く形式ということで、1935年のEMC箱形から、1937年E1A-B、1939年E3A-B、1941年E6A-BとAlco/PA-PB、1946-48年PA1-PB1、1947年FM/OPA-B、1952-53年E8A-B、1967年FP45、1966年U28CG、1967年U30CGまで、サンタフェ独特の形式が多く、興味が惹かれますし、キャブディーゼルにはどれもレッドとシルバーのウォーボンネット塗装がよく似合い、人気があるのも肯けます。 F'Trackさんの様に、これに拘ったコレクションも面白いですね。

続きを読む "ウォーボンネットのザ・ツインズ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/10/22

アメリカ型蒸機が読売新聞に

melma! Back Number Vol.160 2005/10/22, total 259 copies

Yomiuri  本日、22日の読売新聞朝刊に、なんとアメリカ型の蒸気機関車が大きく写っていてビックリしました。関西版の見開き第21、22面です。

続きを読む "アメリカ型蒸機が読売新聞に"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/08

童話に出てきた蒸気機関車

back issue.Vil.148 Jan. 31, 2005

Douwa4
 前号で取り上げた映画のポーラー・エクスプレスは、同名の絵本を基にしているという話でしたが、実は、私自身にも幼かった頃に読んだ童話の思い出があります。それは小学校に上がったばかりの私に母方の祖母が買い与えてくれたものです。
 先日思い立って実家の物置を探してみるとちゃんと残っていました。

続きを読む "童話に出てきた蒸気機関車"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/07

ポーラー・エクスプレス

back issue Vol.147 Nov. 11, 2004

Poler_express
 この年末に公開されるクリスマス映画、The Polar Expressの新聞全頁広告をみて、トム・ハンクス(のアニメキャラ!)よりも“主役”となる蒸気機関車に興味を惹かれたのは私だけではないでしょう。

 ただ、全編がCGアニメーションということで、機関車自体はカウキャッチャーが付いてアメリカ型に見えるけれど「ちょっとウソ臭い」と思っていたところ、どうして、どうして、Pere Marquette鉄道のバークシャーという、実際に存在する機関車を参考にしたということが判り、興味が出てきました。それで検索サイトを使って種々、調べてみましたので、その結果を披露しておきましょう。【画像はクリックで拡大します】

続きを読む "ポーラー・エクスプレス"

| | コメント (0)

2005/02/08

RMJ誌03年4月号 SD60シリーズは今が旬だが

Vol.138 April 21, 2003

155fc_4e63 先週届いたレールモデル・ジャーナル誌2003年4月号のメイン記事は、プロト2000のSD60M、3枚窓バージョンで、UPのウィング・エンブレム・スキームにキットバッシュされたモデルです。表紙に4倍ほどで大写しされて、「スーパーディテーリング」の文字が躍っています。

 驚くのはロングフードの側面2/3をソックリ作り直していることです。確かに製品におけるキャブ後部のエレクトロ・キャビネットはUP仕様ではないため、気持ちは判らなくもないのですが、エンジン点検ドアのどこが気に入らないのかと思って較べてみれば、2+4+4+1の配置は同じものの、一部のドアでラッチの有無や方向が異なっています。

続きを読む "RMJ誌03年4月号 SD60シリーズは今が旬だが"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

13mmゲージJM | JAMコンベンション | JORC関西 | JR京都線・奈良線・山陰線 | JR湖西線・琵琶湖線・草津線 | JR神戸線・環状線・きのくに線 | MDCバスター | Oゲージ三昧 | UPファン日記 | ちょっとしたヒント | よしなし事 | アサーン40'ボックスカー | アサーン50'ボックスカー | アサーン・フリーク | アンケート | イコライザー | イベント報告 | オートキャリアー | カバードホッパー万歳 | カプラーの不思議 | カリフォルニア州鉄道博物館 | セクシー・タンクカー | ダブルスリップなど分岐器 | トロリー天国 | ナローも大好き | ビッグ・スケール | ビデオ案内 | フラットカーは積荷命 | ブラスのキラメキ | ボックスカー・アトランダム | メディア情報 | リーファー百花繚乱 | レイアウト案内 | 中国・四国・九州 | 京阪の沿線 | 京阪の車両 | 北米鉄道巡り | 南海電鉄 | 博物館案内 | 叡山電車 | 和洋のモデル本 | 国内鉄道巡り | 国鉄技師訪米記 | 客車も楽し | 建物、自動車etc. | 新旧製品探訪 | 新製品情報 | 日本型2軸貨車 | 日本型ボギー貨車 | 日本型客車・電車 | 日本型機関車 | 日本型貨車製品資料 | 日本語写真集賞賛 | 日本語本やぶにらみ | 東海・関東・東北・北海道 | 模型店めぐり | 洋書は写真だけ | 流線形ホリック | 福井・石川・富山 | 緩和曲線 | 老年の主張 戯言 | 貨車用台車探求 | 路面電車大プロジェクト | 車輪の問題 | 車輪・台車のABC | 軌条のクウロン | 近江鉄道 | 近畿日本鉄道 | 鉄道の電気技術 | 鉄道マメ知識 | 長野・新潟 | 関西OJ運転会 | 関西公営中小等 | 関西合運 | 阪急電鉄 | 阪神電鉄 | 魅惑の欧亜豪