2018/06/15

PFM社ドン・ドリュー回顧録を読んで(3)

I tried to visualize the rise and fall of U.S. importers and Japanese & Korean manufacturers in brass model business. And look back on the historical flow of the second-hand market from the 1970's to the 2000's

 PFMをはじめとするブラス・ビジネスのことをずっと考えている。日韓米の盛衰を数字で表せないかと思い立って、グラフを作ってみた。【画像はクリックで拡大】

Brass_brands4

続きを読む "PFM社ドン・ドリュー回顧録を読んで(3)"

| | コメント (2)

2018/06/10

PFM社ドン・ドリュー回顧録を読んで(2)

Thinking of the Mr. Don Drew's memoir with Pacific Fast Mail, a brass railroad model importer, part 2


PFM/Fujiyama AT&SF all-steel riveted caboose, 1966

 webelos氏がブログ"Brass Model Collection of Kevin"に展示されたサンタフェのカブースを拝見して、手持ちの同モデルを引っ張り出してきた。保有する数少ないPFMモデルの一つである。ついでにカプラーを取付けようと床板を外して驚いた。これ、何から何まで総ドロップ造りなのだ。【画像はクリックで拡大】

続きを読む "PFM社ドン・ドリュー回顧録を読んで(2)"

| | コメント (1)

2018/05/26

PFM社ドン・ドリュー回顧録を読んで(1)

Thinking of the Mr. Don Drew's memoir with Pacific Fast Mail, a brass railroad model importer, part 1

Brasstrainsv0a

 過去に発売されたブラスの購入手引きで最新かつ最大のものといったら、真っ黒な表紙の"Brass Model Trains Price & Guide"にまず指を折ることはどなたも異論のないところだろう。2008年の第1巻こそ古い日本製がゴッソリと抜け落ちていて使いものにならなかったが、2009年の第2巻は2割以上の大幅増ページで面目を施したものだった。

 実をいうと不評だった第1巻は、"The Brass Train Guide Book"という本のオマケという位置づけだった。本体の方はインポーターやメーカーへのインタビューを並べていて、スタンスが提灯持ちとはいうものの、結構面白かった。
PFM Pacific Fast Mail logo パシフィック・ファースト・メール 唯一、昔の日本製に関係したコンテンツがPFM社だ。これはパシフィック・ファースト・メールPacific Fast Mailの略である。そのドン・ドリューDon Drew氏の回顧録が17頁にわたって掲載された。もちろん英文で、語学力に難のある私には細部の意味というかニュアンスがどうしても理解できなかった。10年を経て全文和訳が「米国型鉄道模型とモダンジャズ」というブログに登場した。

続きを読む "PFM社ドン・ドリュー回顧録を読んで(1)"

| | コメント (1)

2011/03/25

ブラス・インポーターのLMBモデルズ

The LMB Models, a brass model importer, and the owner, Leonard M. Blum (rewrote on April 29, 2018)

Lmb_logo1 LMBというのは1960年代に日本からブラス・モデルを輸入したオハイオ州クリーブランドのインポーターです。delphinusさんのブログ「真鍮細工鉄道」で、「Vulcan 0-4-2 tankのメーカーはLMBだけど、箱には"Leonard M. Blum"と表示」と知って調べたところ、面白いことが分かってきました。ここにまとめておきます。【RMC誌2011年4月号を伝える記事からLMB関係を分離かつ再構成しました(2018-04-29)。画像はクリックで拡大します】

続きを読む "ブラス・インポーターのLMBモデルズ"

| | コメント (1)

2010/01/03

オーバーランド・モデルズの10年

The Latest Decade of Overland Models Inc., a brass importer

 前々回、ウォルサーズHOカタログの、今年2010年版と、ちょうど10年前の2000年版を較べていて一つ、思いついたことがあります。プラスチック製品がどんどん進歩している一方で、ブラス製品は生産数を落としているのではないか、ということです。
 情け無いことに私は、HOではホンの一部、BN物にしか興味がなくて、常時ウォッチしているわけではありませんが、ブラスの雄、オーバーランド・モデルズ社OMIの新製品が出にくくなっていると思ったのです。その広告が掲載され続けているRMC誌の裏表紙を眺めていくと、現在、その届く号、届く号の絵柄が全く変わらないなのです。【画像はクリックで拡大します】
Rmc07100908bRmc09

続きを読む "オーバーランド・モデルズの10年"

| | コメント (0)

2009/11/11

明治38年製の交直両用電気機関車

AC-DC operatable Electric Locomotive EP-1 of the New Haven Railroad manufactured in 1905-1908, and it's brass models.

 しばらく前、とれいん誌スタッフによる「モデラーな日々」に珍しいアメリカ型の電気機関車が登場しました。NH、ニューヘイブン鉄道のEP-1です。この辺りがテリトリーだという平野聰氏の一文で、極めてレアなモデルをよく入手できたものです。
 実を言えば、別の意味で私自身も興味を持っていた電機でした。まず小さな先輪を持つ珍妙なスタイルをご覧ください。これで実物が最高時速80マイル/時、128km/hだというのですから驚きます。【画像はクリックで拡大します】

Img354a

続きを読む "明治38年製の交直両用電気機関車"

| | コメント (4)

2009/08/26

リベットだらけの流線形電関はGG-1?

Pennsylvania Railroad's P-5a electric locomotive Modefied version, Sunset Models 3rd Rail O gauge, a brass model, made in China 2000

Img_8429a

 先日、ペンシルベニア鉄道の架線高さを話題としましたので、シンボル的存在であるGG-1のモデルをご覧に入れようと思ったのですが、手持ちはレタリングが無かったり、パンタが壊れていたりと、写真を撮れる状態ではありません。それで、こいつを引っ張り出してきました。同鉄道のP-5a、軸配置は2C2、蒸機で言ったらハドソンです。【画像はクリックで拡大します】

続きを読む "リベットだらけの流線形電関はGG-1?"

| | コメント (0)

2009/07/26

ブラス・モデル プライス&データ・ガイド2

Brass Model Trains, Price & Data Guide, Volume 2, 2009 Edition. Just today my one arrived.

Brassguide5
 本日、やっと表題の本が届きました。日曜日でも郵便局が配達するとはちょっとした驚きです。USPSのPriority Mailの箱に写真の白い箱が入っていて、さらにその中から厳重にエアークッションで包まれた厚さ30数mmの本が出てきました。書籍代が49.95ドルで送料が31.26ドルの計81.21ドルです。【写真はクリックで拡大します】

続きを読む "ブラス・モデル プライス&データ・ガイド2"

| | コメント (0)

2009/06/20

NYCのパシフィック4-6-2

The processing of photographs by Adobe Photoshop Elements 7, Part 5: A search of the NYC Pacific 4-6-2 which Kawai Model produced in 1950's

Img189a Img191a

 林信之さんのHPにアメリカ型が久しぶりに登場しました。カワイモデルが大昔に出していたニューヨーク・セントラル鉄道のパシフィック機です。NYCといえばハドソン4-6-4が余りにも有名ですが、その前にパシの活躍した時代もあったんですね。

 冒頭の2葉はアート・オブ・ブラス第2巻からの転載です。実は、このモデルについて悩んだことがありました。【画像はクリックで拡大します】

続きを読む "NYCのパシフィック4-6-2"

| | コメント (3)

2009/01/22

TMS誌2月号にOゲージのビッグボーイ

A criticism of the article about Mr. Kimpei Sofue's masterpiece O scale Bigboys, carried by the Hobby of Model Railroading (Tetsudo-Mokei-Shumi), a Japanese magazine. (Bigboy, big boy)

Tmsbigboy

 久しぶりに鉄道模型趣味を買いました。2009年2月号です。
 同誌はアメリカ型には縁遠いことが多いものの「メディアチェック」のページは要チェックで、書店に寄る機会があれば必ず立ち読みさせていただいています。
 昨日もそのつもりだったのですが、この号は思わず買ってしまいました。OスケールのUP蒸機4-8-8-4、それも日本で作られた最高峰のブラスとも言われる祖父江製作所製のモデルが出ていたからです。【上の画像はクリックで拡大します】

続きを読む "TMS誌2月号にOゲージのビッグボーイ"

| | コメント (3)

その他のカテゴリー

13mmゲージJM | JAMコンベンション | JORC関西 | JR京都線・奈良線・山陰線 | JR湖西線・琵琶湖線・草津線 | JR神戸線・環状線・きのくに線 | MDCバスター | Oゲージ三昧 | UPファン日記 | ちょっとしたヒント | よしなし事 | アサーン40'ボックスカー | アサーン50'ボックスカー | アサーン・フリーク | アンケート | イコライザー | イベント報告 | オートキャリアー | カバードホッパー万歳 | カプラーの不思議 | カリフォルニア州鉄道博物館 | セクシー・タンクカー | ダブルスリップなど分岐器 | トロリー天国 | ナローも大好き | ビッグ・スケール | ビデオ案内 | フラットカーは積荷命 | ブラスのキラメキ | ボックスカー・アトランダム | メディア情報 | リーファー百花繚乱 | レイアウト案内 | 中国・四国・九州 | 京阪の沿線 | 京阪の車両 | 北米鉄道巡り | 南海電鉄 | 博物館案内 | 叡山電車 | 和洋のモデル本 | 国内鉄道巡り | 国鉄技師訪米記 | 客車も楽し | 建物、自動車etc. | 新旧製品探訪 | 新製品情報 | 日本型2軸貨車 | 日本型ボギー貨車 | 日本型客車・電車 | 日本型機関車 | 日本型貨車製品資料 | 日本語写真集賞賛 | 日本語本やぶにらみ | 東海・関東・東北・北海道 | 模型店めぐり | 洋書は写真だけ | 流線形ホリック | 福井・石川・富山 | 緩和曲線 | 老年の主張 戯言 | 貨車用台車探求 | 路面電車大プロジェクト | 車輪の問題 | 車輪・台車のABC | 軌条のクウロン | 近江鉄道 | 近畿日本鉄道 | 鉄道の電気技術 | 鉄道マメ知識 | 長野・新潟 | 関西OJ運転会 | 関西公営中小等 | 関西合運 | 阪急電鉄 | 阪神電鉄 | 魅惑の欧亜豪