2017/07/22

京阪びわこ号の連接構造は(2)

The articurated constraction of the Keihan's Biwako trains, part 2: from Nigel Gresley to Biwako

5dad4215 この21日、レイル103号が発売された(オフィシャルHP)。なんと、"びわこ号"特集。全100頁の内、半分の50ページというから驚き。

 グラフページの、天満橋での停車中や、複々線を疾走する姿は、初めて目にする。1935年頃という守口工場での台車単体も凄い。こんな写真はどうやって発掘できたのだろうか。

 いやいや、「登場の謎」を追った中山嘉彦氏の一文こそ目を剥く。なにせ注記と参考文献だけに5ページも費やされているのだから。
 要は、"びわこ号"は鉄道会社の戦略の一環という説と、連接構造は車両課長の米国視察の結果という風聞が夫々正しいのかという疑問を、資料を探し出して検証する思索と証拠の積み重ね。読み物というよりは、学術論文。

 もちろん当方の興味は連接構造。
 英国の蒸機技術者として知られるナイジェル・グレズリーの名前が出てきて仰天。【画像はクリックで拡大】

続きを読む "京阪びわこ号の連接構造は(2)"

| | コメント (2)

2015/01/10

京阪大津線700型のディテール

Train201411cover3

 とれいん誌での連載、京阪大津線の小型高性能車を堪能する最後は、2014年11月号の700型。今回もモデル用図面が2種類も折り込まれるという豪華版。【画像はクリックで拡大】

続きを読む "京阪大津線700型のディテール"

| | コメント (2)

2014/08/25

京阪大津線の600型を思い起こせば

Img961i

 とれいん誌、京阪大津線の小型高性能電車を特集する第2弾は9月号で600型。7月号の500型は消滅してしまっているけれど、こっちは今でも走っている。ファンにとっては歓迎される題材だろう。おまけに模型用詳細図面を手練れの宮崎文夫氏が提供されている。なんと1次車と4次車。【画像はクリックで拡大】

続きを読む "京阪大津線の600型を思い起こせば"

| | コメント (2)

2014/06/30

京阪びわこ号の台車流転と

Train201407p22
とれいん誌2014年7月号p22に掲載された63号車で両端台車付

 さて、とれいん誌2014年7月号。大津線500型の記事。
 当方が驚いたのは、その22頁。びわこ号の写真。場所は錦織(にしごおり)車庫で、なんと台車を履いている。右は1975年4月。【画像はクリックで拡大】

続きを読む "京阪びわこ号の台車流転と"

| | コメント (0)

2014/06/23

京阪大津線に500型ができた頃

Img959c
1974年4月、竣功直後の500型第1編成

Train201407 1年ほども前だったか、新宮琢哉氏から電話があった。とれいん誌に大津線車両の記事を書くという。20ページというから、全部でかと問うたら、1つの型式で。まず500型との答えには、驚くまいことか。
 新入社員時代に深く関わったので、愛着は人一倍。ただし、それほど大きく取り上げる価値があるかのは全く疑問。雑誌社もモノ好き、といった辺りが素直な感想。

 ということで、2014年7月号【画像はクリックで拡大】

続きを読む "京阪大津線に500型ができた頃"

| | コメント (0)

2013/01/22

京阪特急カラーの遥かな記憶(1)

Old memories about the previous color scheme of the Keihan Limited Express train, part 1

8001-8051 06/17/2008 17:09 Yawata-Shi station
八幡市駅に進入する淀屋橋行8001-8051編成 2008-06-17 17:09

 また、京阪のことを書かせていただいた。この1月21日に発売となったレイル85である。
 ちょうど2年前のレイル77で、通勤車用のグリーン濃淡を作り出した話をまとめたので、その特急カラー編ということになる。The Rail No.85

 この色については当ブログでも過去に2度、私自身の関わりを披露しているが、さらに当時のメモが出てきたので内容をより具体的に切り込むと共に、新たに判明した事実や、カラーに関する様々な事柄を盛り込んでみた。
 文字の量は原稿用紙20枚程度で、写真を含めて8頁という記事。京阪ファンにも耳新しいことばかりのはずである。【写真はクリックで拡大】

続きを読む "京阪特急カラーの遥かな記憶(1)"

| | コメント (1)

2012/12/24

京阪電車模型用図面の事始め

The beginning to draw plans of Keihan Electric Railway's rolling stocks for modelers

20002a

 とれいん誌2013年1月号は、もう、お手に取られただろうか。
 なんと京阪大特集で、今話題の13000系や、消えゆく2600系、8030系が事細かに紹介され、図面も満載、模型作品もたくさん披露されている。
 当方も僅かだが協力させていただいたので、この仕上がりは大変にうれしい。

 ただ、ちょいと残念なのは、過去に多くの図面が発表されているのに、それをご存じない執筆者がおられる点だ。

 実をいうと、現役時代には機会のある毎にモデラー向けとして出版物へ提供していたのだ。【画像はクリックで拡大】

続きを読む "京阪電車模型用図面の事始め"

| | コメント (4)

2012/04/12

京阪電車は成田山の御加護で

Amulets of the Kansai-Naritasan temple on Keihan Railway trains

Asahi_shinbun2012_04_11ev  昨日、4月11日の朝日新聞夕刊には驚きました。
 表題の横に、かつて見慣れていたヘルメット姿が写っていたからです。

 これだけ読めば、京阪電車の車内に掲げられている成田山の御守だなと、察しを付けられた方も多いことでしょう。
 記事は、第3面の半分を占める「ますます勝手に関西遺産」というシリーズで、近々宇治線でデビューする新型13000系にも取り付けられていることを伝えています。

 馴染みのない方は、「なぜ、千葉県のお寺が?」と訝られるかもしれません。枚方(ひらかた)市と寝屋川市の境目となる香里園(こうりえん)駅の東800mほどの地にその関西別院があって、開通当時に電鉄が誘致した経緯があるのです。

 実は、この木枠の御守入れに私は強いコダワリがありました。【画像はクリックで拡大します】

続きを読む "京阪電車は成田山の御加護で"

| | コメント (2)

2011/09/16

京阪びわこ号の連接構造は(1)

The articurated constraction of the Keihan's Biwako trains, and other articurated cars around the world

京阪びわこ号

 前回は、びわこ号が連接車となった理由の推理でした。
 じゃあ、その構造はどうなっているか、とモデラーなら疑問になりますよね。

 そう、さすがは我々の先輩で、ちゃんと探究しておられるのです。
 60年も前の鉄道模型趣味誌1951年7月号、「電車巡り第12回 京阪電鉄」に言及がありました。上の写真は、ツバメ模型店写真部、植田正博撮影、御陵(みささぎ)駅にて、となっています。【画像はクリックで拡大します】

京阪びわこ号の連接構造

続きを読む "京阪びわこ号の連接構造は(1)"

| | コメント (0)

2011/09/14

京阪びわこ号が連接車となった理由

Why the Keihan's Biwako trains equipped articurated truck?

 先日、模型店巡りをしていたら、貼ってあったポスターに「京阪びわこ号製品化決定」とありました。
 私の連想は、「ストックしているモデル8のキットをどうする?」といったところですが、世の中一般には大歓迎でしょう。

 現役時代に、広報担当者から「どうして連接構造を採用したのか」と質問されたことを思い出しました。【画像はクリックで拡大します】

Bn_biwakogo

続きを読む "京阪びわこ号が連接車となった理由"

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

13mmゲージJM | JAMコンベンション | JORC関西 | JR京都線・奈良線・山陰線 | JR湖西線・琵琶湖線・草津線 | JR神戸線・環状線・きのくに線 | MDCバスター | Oゲージ三昧 | UPファン日記 | ちょっとしたヒント | よしなし事 | アサーン40'ボックスカー | アサーン50'ボックスカー | アサーン・フリーク | アンケート | イコライザー | イベント報告 | オートキャリアー | カバードホッパー万歳 | カプラーの不思議 | カリフォルニア州鉄道博物館 | セクシー・タンクカー | ダブルスリップなど分岐器 | トロリー天国 | ナローも大好き | ビッグ・スケール | ビデオ案内 | フラットカーは積荷命 | ブラスのキラメキ | ボックスカー・アトランダム | メディア情報 | リーファー百花繚乱 | レイアウト案内 | 中国・四国・九州 | 京阪の沿線 | 京阪の車両 | 北米鉄道巡り | 南海電鉄 | 博物館案内 | 叡山電車 | 和洋のモデル本 | 国内鉄道巡り | 国鉄技師訪米記 | 客車も楽し | 建物、自動車etc. | 新旧製品探訪 | 新製品情報 | 日本型2軸貨車 | 日本型ボギー貨車 | 日本型客車・電車 | 日本型機関車 | 日本型貨車製品資料 | 日本語写真集賞賛 | 日本語本やぶにらみ | 東海・関東・東北・北海道 | 模型店めぐり | 洋書は写真だけ | 流線形ホリック | 福井・石川・富山 | 緩和曲線 | 老年の主張 戯言 | 貨車用台車探求 | 路面電車大プロジェクト | 車輪の問題 | 車輪・台車のABC | 軌条のクウロン | 近江鉄道 | 近畿日本鉄道 | 鉄道の電気技術 | 鉄道マメ知識 | 長野・新潟 | 関西OJ運転会 | 関西公営中小等 | 関西合運 | 阪急電鉄 | 阪神電鉄 | 魅惑の欧亜豪