2012/11/13

南海高野線九度山駅の寸景

A brief stop at Kudoyama station of Nankai Koyasan line

 九度山は「くどやま」と読む。何で知っているかというと、郷土の英雄である真田幸村が蟄居させられていた場所だからだ。
 和歌山から奈良へ抜けるついでに寄ってみた。もちろん、南海電車高野線の駅の方だ。【画像はクリックで拡大】

99dsc00293

続きを読む "南海高野線九度山駅の寸景"

| | コメント (1)

2009/05/21

南海電鉄 天下茶屋1978年

A railfanning around Tengachaya station of Nankai Electric Railway circa 1978

Img077a
 地上時代の天下茶屋(てんがちゃや)付近です。お粗末なことに、これも訪問日を特定できません。何かの会合で浜寺あたりに出掛けたのではないかと思います。
 上は一番西のホームから北の難波方を向いています。線路は左から、南海本線上下、高野線上下、それに天王寺支線上下の6本です。本線を下ってくるのは南紀直通のキハ2連ですが、円板が白いので回送列車だと思います。一番右は今は無き天王寺支線の2連です。【写真はクリックで拡大します】

続きを読む "南海電鉄 天下茶屋1978年"

| | コメント (0)

2007/01/19

模型とラジオの頃

Memories of a magazine for Japanese boys, "Mokei to Razio," which means "Model and Radio"

 少し前の話になりますが、昨年2006年8月号とれいん誌で、「私を趣味人にしたこの一冊」という特集が組まれていたのをご記憶でしょうか。
 その中で甲斐三幸さんという方が、『模型と工作』という雑誌に掲載された南海ED5201にまつわる思い出話をされていて、編集部で「探しに探しましたが、該当する号は見つからず‥‥」とあります。

Img184a  これを読んで、私も思い出しました。確かに、そんな記事があったのです。ただし『模型と工作』ではなくて『模型とラジオ』です。
 そのときは部屋を改装中だったために古い雑誌を探せなかったのですが、年が明けてその束が出てきました。残念ながら該当号は無くて、1964年(昭和39年)1月号のページの間に、ED5201の車体部品寸法を方眼紙に写し取ったものが挟んでありました。【画像はクリックで拡大します】

続きを読む "模型とラジオの頃"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

13mmゲージJM | JAMコンベンション | JORC関西 | JR京都線・奈良線・山陰線 | JR湖西線・琵琶湖線・草津線 | JR神戸線・環状線・きのくに線 | MDCバスター | Oゲージ三昧 | UPファン日記 | ちょっとしたヒント | よしなし事 | アサーン40'ボックスカー | アサーン50'ボックスカー | アサーン・フリーク | アンケート | イコライザー | イベント報告 | オートキャリアー | カバードホッパー万歳 | カプラーの不思議 | カリフォルニア州鉄道博物館 | セクシー・タンクカー | ダブルスリップなど分岐器 | トロリー天国 | ナローも大好き | ビッグ・スケール | ビデオ案内 | フラットカーは積荷命 | ブラスのキラメキ | ボックスカー・アトランダム | メディア情報 | リーファー百花繚乱 | レイアウト案内 | 中国・四国・九州 | 京阪の沿線 | 京阪の車両 | 北米鉄道巡り | 南海電鉄 | 博物館案内 | 叡山電車 | 和洋のモデル本 | 国内鉄道巡り | 国鉄技師訪米記 | 客車も楽し | 建物、自動車etc. | 新旧製品探訪 | 新製品情報 | 日本型2軸貨車 | 日本型ボギー貨車 | 日本型客車・電車 | 日本型機関車 | 日本型貨車製品資料 | 日本語写真集賞賛 | 日本語本やぶにらみ | 東海・関東・東北・北海道 | 模型店めぐり | 洋書は写真だけ | 流線形ホリック | 福井・石川・富山 | 緩和曲線 | 老年の主張 戯言 | 貨車用台車探求 | 路面電車大プロジェクト | 車輪の問題 | 車輪・台車のABC | 軌条のクウロン | 近江鉄道 | 近畿日本鉄道 | 鉄道の電気技術 | 鉄道マメ知識 | 長野・新潟 | 関西OJ運転会 | 関西公営中小等 | 関西合運 | 阪急電鉄 | 阪神電鉄 | 魅惑の欧亜豪